【2020年版】六星占術で運気を上げる為に知っておいてほしい事

【2020年版】六星占術で運気を上げる為に知っておいてほしい事
六星占術とは、中国に4千年以上前から伝わる易学、万象学、算命学を元に、今の人にもわかりやすいように細木数子さんが編み出したと言われる占いです。生まれ持った運命星を元にして、占う人の本質や隠れた才能、過去から未来にかけての運命や相性など、様々なことが占えます。

ですのでこれらの運気を把握しておけば、事前に対処方法を考えたり、被害を最小限にするということにも可能ですよね。

普段、私たちは仕事やお金、恋愛や友人関係など、常に悩みの種をたくさん抱えています。何もかも上手くいくという運気の時は良いのですが、逆の時は、気持ちに余裕が無くなるので、気を遣いすぎたり、投げやりになってしまったりと、自分でもどうしたらいいのかわからなくなることもあるはずです。

そこで今回は六星占術で運気を上げる為に知っておいてほしい事についてお伝えします。

六星占術とはなにか?運勢を導き出す計算方法について

六星占術の計算方法のイメージ
さて、まずは六占星術の基本と運勢を導き出す方法についてお話しします。

六星占術とはなにか?

六星占術はその名の通り6つの惑星を使った占いの方法で、まずは私たちの生年月日を元に

  • 土星
  • 金星
  • 火星
  • 木星
  • 水星
  • 天王星

に大きく分類します。

そして生まれ年が

  • 子・寅・辰・午・申・戌の人はプラス
  • 丑・卯・巳・未・酉・亥の人はマイナス

を付け加えて、それぞれを「〇〇星人プラス」や「〇〇星人マイナス」呼び、そこで生まれ持った基本的な性格や行動パターンを見ます。

さらに、その人が今

  • 種子
  • 緑生
  • 立花
  • 健弱
  • 達成
  • 乱気
  • 再会
  • 財成
  • 安定
  • 陰影
  • 停止
  • 減退

の12の運命周期のどの位置に居るのかを見て、運勢を導き出すという占いです。

また、上記の6つの星の他にも特別な条件下で配置される霊合星人という星もあり、この霊合星人に該当する人は少し変わった運命を辿ると言われています。

※ 霊合星人については以下の記事で詳しくお話ししています。

 

六占星術の計算方法

さて、六星占術とはなにか?を理解して頂きましたので、次は自分は何星人なのか?を確認しましょう。計算の手順としては

  1. 生まれた年と月から運命数を知り
  2. その数字から「1」を引いて、生まれた日を足します
  3. そしてその数字が61以上だった場合には「60」を引いて「1〜59」の間の数字にします

その出来上がった数字を見て

星数:1〜10 ⇒土星人
星数:11〜20 ⇒金星人
星数:21〜30 ⇒火星人
星数:31〜40 ⇒天王星人
星数:41〜50 ⇒木星人
星数:51〜60 ⇒水星人

の6つの星人に分けます。

そして最後に生まれ年の干支が

  • 子・寅・辰・午・申・戌の人はプラス
  • 丑・卯・巳・未・酉・亥の人はマイナス

を付け加えて〇〇星人プラスやマイナスという自分の星人を導き出します。

そして、以下に当てはまる場合は先ほどお伝えした霊合星人という少し変わった運命の持ち主となります。

※ 以下の人は霊合星人になります

・土星人プラス ⇒ 戌年(いぬ)生まれ
・土星人マイナス ⇒ 亥年(いのしし)生まれ
・金星人プラス ⇒ 申年(さる)生まれ
・金星人マイナス ⇒ 酉年(とり)生まれ
・火星人プラス ⇒ 午年(うま)生まれ
・火星人マイナス ⇒ 未年(ひつじ)生まれ
・天王星人プラス ⇒ 辰年(たつ)生まれ
・天王星人マイナス ⇒ 巳年(へび)生まれ
・木星人プラス ⇒ 寅年(とら)生まれ
・木星人マイナス ⇒ 卯年(うさぎ)生まれ
・水星人プラス ⇒ 子年(ねずみ)生まれ
・水星人マイナス ⇒ 丑年(うし)生まれ

とはいえ、実際自分で計算するのも大変ですので、以下のような自動計算サイトで自分が何星人なのかを知るのが早くてお勧めです。

占い計算ドットコム
誕生日から星座、厄年、ソウルナンバー、生後日数などを計算する占いの為の自動計算サイトです。

 

六星占術における各星人の基本性格と運勢の時期について

六星占術における各星人の基本性格と運勢の時期についてのイメージ
では、自分が何星人なのかがわかった所で、次は各星人の基本性格や運勢の時期についてお話しします。

六星占術での各星人の性格

私たちは、自分のことを自分が一番よく分かっていると思いがちですよね。でも、実際には、自分のことほどよく見えていないもの。望みを叶えるためには、自分の長所と短所を知り、それを上手に活かす必要があります。

ですので、六星占術で自分の性格を知っておきましょう。六星占術は、生年月日から、土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの運命星のどこに分類されるかを導き出します。

各星人の基本的な性格はこんな風になります。

  • 土星⇒理想が高く、常に向上心を持っている
  • 金星⇒自由主義で明るい人気者
  • 火星⇒プライドが高いが本質を見抜く力に優れている
  • 天王星⇒情を大切にする楽天的な現実主義者
  • 木星⇒精神が強く、冷静で努力家
  • 水星⇒意志が強く、独立心旺盛

この基本性格に、霊号星や+、-などの要素が加わり性格が決定されています。自分の性格を知ることは、望みを叶えるために伸ばした方がいい部分、望みを妨げてしまう部分をしっかりと見極めるのに役立ちますよ。

※ 各星人の詳しい性格や今年の運勢は以下をご覧ください

土星人プラスと相性のよいタイプとは?性格・運勢・恋愛傾向を徹底解説【2020年版】
独特な感性を持っている土星人プラスの人は掴みどころのない人が多いので、その本来の性格や特徴がどんなものか気になりますよね。そこで今回は土星人プラスの人の性格や相性、恋愛の傾向・運勢について解説します!
土星人マイナスと相性のよいタイプとは?性格・運勢・恋愛傾向を徹底解説【2020年版】
土星人マイナスの人は理想を追い求める為、周りの人との足並みを揃える事よりも、自分の夢を叶える事を優先する傾向があります。このように、それぞれの星の人の性格に特徴があり、うまくやっていくにはコツを知っておいたほうが良いですよね。そこで今回は、土星人マイナスの人の性格や他の星との相性・恋愛傾向や運勢について解説します。
金星人プラスと相性のよいタイプとは?性格・運勢・恋愛傾向を徹底解説【2020年版】
金星人プラスの人は、コミュニケーション能力に長けていて、周りの人を楽しませたり、相手の言いたい事をしっかりと把握し、理解する事ができます。しかしそれだけではありません。そこで今回は金星人プラスの人がどんな性格をしているのか、また恋愛傾向や他の星との相性・運勢も合わせて解説しましょう!
金星人マイナスと相性のよいタイプとは?性格・運勢・恋愛傾向を徹底解説【2020年版】
私たちは性格や行動の特徴を気にしがちですよね。そんな中、私たちを生年月日から6つの運命星に分類し、思想や言動を占う六星占術は、1つの運命星でもプラスとマイナスに分かれていて、細かく診断できます。そこで今回は金星人マイナスの性格と恋愛傾向、他の星との相性や運勢についてお伝えします。
火星人プラスと相性のよいタイプとは?性格・運勢・恋愛傾向を徹底解説【2020年版】
六星占術では星人ごと、そしてプラスかマイナスによって性格が異なります。ですので自分や恋人やパートナーが何星人なのかを知っていれば長所と短所を客観的に見ることができますよね。そこで今回は、火星人プラスと相性のよいタイプをお伝えすると共に、性格・運勢・恋愛傾向を徹底解説していきます。
火星人マイナスと相性のよいタイプとは?性格・運勢・恋愛傾向を徹底解説
性格診断を気にする人は多いですよね。そんな中でも六星占術は、生年月日から運命星を導き出し、その運命星や干支によってわかる陰陽を割り当てて性格や行動パターンを占っています。そこで今回は、六星占術における「火星人マイナスの人の性格の特徴・他の星の人との相性や運勢・恋愛傾向について解説します。
天王星人プラスと相性のよいタイプとは?性格・運勢・恋愛傾向を徹底解説【2020年版】
あなたが学生だった時、クラスの中で1人ぐらいは「人気者」の人がいましたよね。そんな愛されキャラの人は、もしかしたら「天王星人プラス」の人かもしれません。そこで今回は、六星占術における「天王星人プラス」の性格・相性・恋愛傾向や運勢をばっちり解説します!
天王星人マイナスと相性のよいタイプとは?性格・運勢・恋愛傾向を徹底解説【2020年版】
あなたの身の回りで変化のある毎日を楽しみたいタイプで、興味のある事に真っ先に飛びつくような人、きっと1人くらい居ますよね。その人はもしかしたら「天王星人マイナス」かもしれません。そこで今回は、天王星人マイナスの人の性格・運勢・恋愛傾向、他の星の相性や気を付けるべきポイントについて解説します!
木星人プラスと相性のよいタイプとは?性格・運勢・恋愛傾向を徹底解説【2020年版】
木星人プラスの人は器用に何でも卒なくこなし人望が厚いイメージがありますが、その裏には並々ならぬ努力が隠されています。そこで今回は、木星人プラスの人の性格と他の星との相性、恋愛傾向・運勢まで徹底的に解説します。
木星人マイナスと相性のよいタイプとは?性格・運勢・恋愛傾向を徹底解説【2020年版】
木星人マイナスの人は冷静沈着で物事には動じない雰囲気を持つ常識的な人柄で、物事をコツコツと計画的に進めていくことを得意とする六星占術の中でもとても真面目な性格です。そこで今回は木星人マイナスの人がどんなタイプと相性が良いのか、性格や相性や恋愛傾向・運勢も合わせてお伝えします。
水星人プラスと相性のよいタイプとは?性格・運勢・恋愛傾向を徹底解説【2020年版】
今回は六星占術の水星人プラスについてのお話です。人をひきつける力を持った人物の多い水星人プラスとはいったいどんな運勢を持った星なのでしょうか。そこで今回は六星占術の水星人プラスの人の基本性格や恋愛傾向、恋のパターン、相性や運勢、気をつけてほしい「人生の落とし穴」についてお届けします。
水星人マイナスと相性の良いタイプとは?性格・運勢・恋愛傾向を徹底解説【2020年版】
六星占術はそれぞれの星人がプラスとマイナスに分かれていて、細かく診断できますよね。水星人マイナスの人は、基本的に自立心がとても強い為、他人に頼らずに、自分だけの力で事を進めていきます。そこで今回は、そんな水星人マイナスの性格や相性・運勢・人生傾向がどんなものであるかについてお伝えします。

 

六星占術で運勢を見る時期

六星占術には、以下の12の運命周期があり、これらが循環して運の流れを作っていると考えられています。

  1. 種子 ⇒ 季節に例えると春。新しいことを始めるのに適している時期
  2. 緑生 ⇒ 芽吹くとき。種子で始めたことが動き始める時期
  3. 立花 ⇒ 春の中でもっとも運気がピークに達する時期
  4. 健弱 ⇒ 季節で例えると夏。中だるみの時期
  5. 達成 ⇒ もっとも運気が強い時期
  6. 乱気 ⇒ 一転して運気が下降する時期
  7. 再会 ⇒ 季節に例えると秋。再び運気が上昇する時期
  8. 財成 ⇒ 実りが多い時期・安定⇒掴み取った幸運が安定する時期
  9. 陰影 ⇒ 季節に例えると冬。運気が下降し始める時期
  10. 停止 ⇒ 運気が落ち込み、何をやってもうまくいかない時期
  11. 減退 ⇒ もっとも運気が落ち込む時期

これを見ると四季の移り変わりのように運気にも波があることが分かりますよね。この流れは、どの運命星を持っていても同じです。

そしてこの流れに逆らうと、どこかで無理が生じてしまうので、陰影から減退の大殺界と呼ばれる時期に、取り返しのつかないことが起こると言われているのです。

ですので、より良い人生を歩む為には、運気の波を把握して、その特徴を知り、流れに身を委ねることが大切です。

 

一番運気が良いのは達成の時期

運気には波があるので、悪い時期があれば、良い時期もありますよね。六星占術の運命周期の中で、もっとも運気が強いのが「達成」。文字通り、すべてが思いどおりにうまくいく時期です。

何もかもが充実していて、気持ちも前向きになれます。大胆な決断も良い方向へ進みやすいので、長年の願望実現に向け、積極的に必要なことにチャレンジしましょう。

それが新しいことでも、一度失敗したことに対するリベンジでもOK。長年の夢を叶えるためにも、このチャンスを逃さないようにしましょう。

 

六占星術を使って人間関係を整えるコツ

六占星術を使って人間関係を整えるコツのイメージ
では次は六星占術を使って恋愛や人間関係がうまくいく為のコツについてお話しします。

種子・緑生・立花の時期に恋愛や人間関係がうまくいく為には

六星占術では運気は種子~減退まで12個に分類されていて、順に巡っています。

六星占術で、種子・緑生・立花の時期には以下の事を意識しておきましょう。

あなたにとって上手くいっていないその友達は、本当に大切な人でしょうか。今後も友人関係を続けたいと願う相手であれば、今の時期に、しっかりと心を繋げておきましょう。

種子は、良い方向に運気が向かい始める時期です。そこから、緑生・立花と新しい出会いなどに恵まれる時期でもあります。

新しい出会いがあるということは、今までの友達と会う機会が減る可能性があるということです。本当に大切だと思える友達なら、今までの誤解などもきちんと説明して、新たな気持ちで仲良くして欲しいと伝えてみてください。

今後のあなたに必要な人なら、運気がきちんとバックアップしてくれます。一所懸命説明してもダメなら、その友人関係は、キッパリあきらめましょう。新たな出会いを大切に育ててください。

 

健弱・乱気・安定・停止の時期に恋愛や人間関係がうまくいく為には

六星占術でこの4つの運気の期間は、良い関係を築けるような新しい出会いはありません。だからこそ、今までの友達を大切にしてください。

この時期は出来るだけゆったりと過ごすことが望ましいです。特に乱気の時期は、また様々なトラブルに巻き込まれやすいので、気性の激しい友達との交流は避けておいた方が賢明でしょう。

ギクシャクした友人関係を、この時期にどうこうしようとしても、良い方向には進みません。大勢で会うなどの際に、挨拶をしておく程度で大丈夫です。

あなたのことを大切な友達だと思ってくれているのであれば、六星占術の運気が良くなった時に、以前のように必ず話せるようになります。ギクシャクした関係は安心して保留状態にしておきましょう。

 

達成・再開・財成の時期に恋愛や人間関係がうまくいく為には

六星占術の達成・再開・財成の運気の時は、今まで出来なかったことのリトライや修復が上手くいく時期です。ということは、壊れかけている友人関係の修復にはピッタリの時期ということです。

運気が味方をしている時に、勇気を持って友達に連絡してみましょう。ギクシャクしていたと感じていたのが嘘のように、仲良しが復活します。

この運気のあなたに必要なのは、時間の確保と連絡を取る勇気だけ。六星占術を信じて、再度、良い友人関係を築き上げましょう。

 

陰影の時期に恋愛や人間関係がうまくいく為には

六星占術で陰影は、大殺界が始まる時期です。大殺界とは、この時期に事を起こすと凶の作用が働いてしまうというものです。様々な運気が下降線を辿ってしまうので、ちょっとしたトラブルが多くなります。

対人関係は、人に裏切られたりすることがあるかもしれません。そして人に傷つけられたり、逆に傷つけてしまうこともあります。人間関係が狂ってしまう時期なので、出来るだけ人と深く関わるのは避けてください

こういう時こそ、友達と連絡を取って、愚痴でも聞いて欲しいと思いがちですが、出来るだけ何もせず、おとなしく過ごす方が良い時期です。

ましてや気まずくなった友達との関係修復なんて止めておきましょう。さらに悩みが大きくなるだけです。運気が上昇してきたと感じるまでは我慢してください。

 

減退の時期に恋愛や人間関係がうまくいく為には

六星占術で大殺界の最終の時期なのが減退。この時期には悪いものを全て吐き出しておきましょう。そうすれば、次に訪れる種子の時期がより良い運気になるからです。

我慢と辛抱の時期から、あと少しで脱出できますので今のうちに会っていても疲れる友達や気が許せない友達とは縁を切る事をおすすめします。

悪い縁は、運気の悪いこの時期に出しておけば、種子に入ってから大切だと思える新たな出会いが訪れやすくなります。

ただし、ギクシャクしている状態の友達との関係を改善したいと思っているのであれば、運気が回復してから行動するようにしてください。

 

大殺界・中殺界・小殺界について

大殺界・中殺界・小殺界についてのイメージ
六星占術と言えば、大殺界という言葉が有名ですよね。この時期にはタブーとなることがあり、それを破れば不幸に見舞われるとも言われているので、六星占術に興味がありながらも、一度も占いを試したことがないなんて人も多いのではないでしょうか。

ではここからはその大殺界とはなんなのか?そして大殺界の時はどのように過ごすのが良いのか?についてお話しします。

大殺界に新しいことを始めるのは避けましょう

大殺界とは、12の運命周期の中のもっとも運気が落ち込む「減退」だけを指すこともありますが、実際には、陰影、停止、減退の冬の時期が大殺界です。

この時期は、12周期の中でもっとも運気が低下している時期。本来持っているはずのエネルギーや実力、魅力、体力などが失われているため、体調を崩しやすくなったり、イライラしやすくなったりなど、何をやっても裏目に出やすくなってしまいます。

そのため、この時期に新しいことを始めるのはタブー視されています。六星占術では、このタブーを破ると不幸に見舞われるなどと言われますが、必要以上に恐れる必要はありません。

大殺界の時期は、積極的に新しいことを始めるのを避け、望みを叶えるための土台を作る時期と捉えておくと良いでしょう。

 

小殺界と中殺界にはしっかりと休息しましょう

春に喩えられる種子、緑生、立花は、草木と同じように12周期の中でも成長を意味する時期ですが、その疲れが肉体的に現れてくるのが「健弱」の時期です。

健弱は、六星占術の中で小殺界と呼ばれる時期で、その名のとおり、この時期は健康を損ねやすい時期。この時期に、特に肉体的な疲労を無視して、無理を重ねると、いずれ肉体面はもちろん、精神面や経済面、愛情面などにも影響が出てきてしまうので、願望実現もどんどん遠ざかってしまいます。

これでは、どれだけ望みを叶えるために成長しても意味がなくなってしまいますよね。

また、中殺界と言われる「乱気」は、気が乱れるという言葉どおり、精神面でのトラブルが生じやすい時期でもあります。

乱気(中殺界)の時期にはいつもなら気にも留めないことに対して過剰に反応して、他人を傷つけたり、自己嫌悪に陥ったりしやすいという特徴があります。

望みを早く叶えたいと思っていると、自分を顧みずに休まず努力し続けてしまう人もいますが、望みを早く叶えたいときこそ、休むことも大切ですよね。

ですので小殺界や中殺界と言われる時期は、これまでがんばったからこそ疲れが出てくる時期と捉え、のんびりと構えてしっかりと休息しましょう。

※ 大殺界についてはこちらでさらに詳しくお話ししています。

 

さてこのように六星占術では運気によって、行動することが吉になる時期と動かないことで凶を最小限になる時期を知る事ができます。

悪い運気の時は、何をやっても上手くいきません。そんな時になにか新しい物事を始めたりしても失敗してしまう確率が高くなるのは当たり前ですよね。でも、事前にその運気が分かってれば、それに合わせて動く事ができます。

私たちの人生は決して平坦ではなく、良くも悪くも「山あり谷あり」ですので、今自分はどの時期なのかをしっかりと理解して、そして受け入れる事できっと今以上に色々な事がうまくいくようになるので、ぜひ参考にしてください。


六星占術の他の星人の性格や恋愛傾向・相性・運勢などは以下のページからご覧ください。



2020年あなたの運勢をズバリお教えします!

98%の人が当たっていると実感!あなたの運勢を『干支占い』が無料鑑定します。

『干支占い』では、2020年あなたの運勢を徹底鑑定して、 今年、起こる良い事を事前に教え開運へと導いてくれます。

凄腕の占い鑑定師は『恋愛(不倫・復縁)・仕事・対人・金運」すべて鑑定可能!

『今年の運勢』を知りたい方!今だけ『無料鑑定』を体験下さい!

連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました