ピラティスとヨガで、ダイエット効果の違いとは?

ピラティスとヨガで、ダイエット効果の違いとは?
ダイエット中の人のなかには、ピラティスとヨガの違いを理解せずにトレーニングに取り入れている人がいます。どちらも手軽に始められる運動として人気ですし、似たポイントも少なくないので、混同してしまう人も多いですよね。

ちなみに、ピラティスもヨガも長期的な視野で身体を引き締めてくれる万人向けの運動です。なので、違いを知らずに実行しても身体に悪いということはありません。ただ、違いを知ってとりいれれば、より高いダイエット効果がえられるのです。

特に、これから新たに始めるのでしたら、ピラティスとヨガの違いを知っておいたほうが、より効率よくダイエット効果を得られるでしょう。ということで今回は、ピラティスとヨガの違いについて、特にそのダイエット効果の相違についてお伝えします。

 

ピラティスとヨガで、
ダイエット効果の違いとは?

 

ピラティスとヨガの違いは鍛え方にある!

ピラティスとヨガの違いは、まず鍛え方にあります。ピラティスもヨガもダイエット効果があるだけではなく、体調そのものを整えてくれる運動として知られています。どちらも、肉体を鍛えるとともに、精神面も柔軟かつ健全に整える作用を持っていますので、老若男女に勧められる運動です。ただ、ピラティスとヨガでは鍛え方に違いがあります。

ヨガはより精神性を重視した総合的な鍛錬です。現代では健康運動として取り入れられていますが、もともとは古代インドに機嫌を持つ伝統的な修行形式、今でも本格的なヨガは瞑想に重きがおかれています。心と身体、魂の一体を目指すことに意義があり、衣食住、すべての段階において意識的に実施されるのが理想です。

勿論、現代、一般のヨガ教室などで学べるヨガは、より手軽に取り組めるようにはなっています。それでも、そうした教室でさえ、指導者の人たちは伝統的な手法について相応の知識を持っていますし、自分の鍛錬には瞑想を取り入れているものです。

一方、ピラティスは第一次大戦後、兵士のリハビリのための運動として開発されたものです。近代の欧米社会で広まったことからも分かるように、その内容は実践的な鍛錬方法となっています。ヨガほど精神性を重視することはなく、自分の身体と向き合って身体能力を向上させるよう仕向けるため、現実的で実際的なトレーニングメニューといえるでしょう。

 

ピラティスとヨガの違いは鍛える部分にもある!

ピラティスとヨガの違いは鍛える部分にもあります。前述のように、ヨガは瞑想に重点を置く修行方法ですので、運動を実施する際にも、呼吸の運びを何よりも大切にします。また、身体をしっかり曲げ伸ばしすることで徐々に筋肉そのものを強くしていきます。呼吸と屈伸によって筋力を鍛え、血流を正常化して身体全体の健康を整えていくような感じです。

一方ピラティスは、体幹の筋肉、いわゆるインナーマッスルを鍛えて体の根幹を強化します。ヨガが身体全身に意識をめぐらせるのに対して、身体の中心に意識を集中して幹を太くし、その上で全身運動を強化するという感じです。したがって、運動を実施する際には、根幹に届くよう、ストレッチメニューを組み合わせます。

ピラティスとヨガはこのように鍛える部分が違いますので、呼吸法も違います。ヨガは全身をリラックスさせて身体全体の筋肉を徐々に鍛えることを目的としているため、副交感神経を優位に導いてくれる腹式呼吸が用いられます。副交感神経を優位におくと緊張感が解け、身体全体が瞑想しやすい状態になるのです。

一方、筋肉を鍛える際には、交感神経を優位にすると効果的です。したがって、鍛錬を重視するピラティスでは、交感神経を優位に導いてくれる胸式呼吸を取り入れています。交感神経を優位におくと緊張感が漲って意識が充実します。ピラティスではこの緊張感を利用してインナーマッスルを集中的に鍛えるのです。

 

ピラティスとヨガの違いは、ダイエットタイプにある!

最大のダイエット効果を得るには、タイプに適した運動を選ぶことが大事です。ピラティスとヨガは似たような体勢をとるため、同じ様なタイプに効果があると考える人がいるようですが、それは間違いです。

前項までで述べたように、ピラティスとヨガには違いがいろいろとあります。実行する際には、そうした違いを考慮して、自分にはどちらがあうのかを考えていきましょう。女性の場合、特に大切なのは、太り方の違いです。

太り方には脂肪太り、筋肉太り、水太り、混合太りなど様々なタイプがあります。自分がどういう太り方なのかを考え、その上でピラティスかヨガのどちらがあっているかを選びましょう。

脂肪太りは下半身を中心にプニプニっとした脂肪がのっているタイプ。運動不足の人に多い太り方です。筋肉太りは欧米人に多いタイプで、若い頃スポーツをしていた人が中年期になって筋肉が落ち、そこに脂肪が蓄積していく太り方です。水太りは日本女性に多い太り方です。筋肉量が少なく、運動に慣れていないタイプで、水分量が多く、むくみ易い体質の人です。

水太り、特にむくみの酷い人はヨガの方が適しているといわれます。水太りの人には体内のリンパ液が滞っている人が多いため、身体全体の筋肉を使い、血流を改善するヨガがお勧めです。ピラティスをやるにしても、最初はヨガで運動に慣らしてからの方が馴染み易いでしょう。

一方、脂肪太りや筋肉太りの人にはピラティスがお勧めです。ピラティスによってインナーマッスルを鍛えることで、ボディラインを引き締めることができます。根幹から鍛えることで、運動不足による身体のゆがみも改善できるので一石二鳥です。

 

ピラティスとヨガは違いはあっても、どちらもダイエットに有効な運動です。定期的に取り入れると、日常のダイエット効果が向上しますので、停滞気味の人は是非とりいれてください。より大きな効果を求めるなら、ピラティスとヨガの違いを知って、自分に向いている方を選びましょう。

ピラティスとヨガの違いは、まず、鍛え方にあります。古代インドに起源を持つ修行法であるヨガは、精神性を重視して瞑想に重点をおきます。これに対し、ピラティスは戦後の欧米で兵士のリハビリ目的で開発された実際的な鍛錬法。プロポーションの維持や姿勢の改善に興味を持つセレブリティなどの間で人気となりました。

また、鍛える部分にも違いがあります。ヨガは筋肉全体を徐々に鍛えるのに対し、ピラティスはインナーマッスルを集中的に鍛えます。したがって、呼吸法もピラティスとヨガでは違います。ヨガは副交感神経を優位にする腹式呼吸を、ピラティスでは交感神経を優位にする胸式呼吸を用います。

ピラティスとヨガとの違いは、ダイエットタイプの違いにもあります。日本女性に多い水太りタイプには身体全体の血流を改善してくれるヨガがお勧めです。一方、体力のある脂肪太り、スポーツ経験のある筋肉太り、混合太りの人などはピラティスがお勧めです。自分のタイプにあった方を選んでください!

まとめ

ピラティスとヨガの違いは

・鍛え方
・鍛える部分
・ダイエットタイプ

タロットカードでわかるあなたに待ち受ける“運命日“

“当たる”と話題の『福みくじ鑑定』で、2019年のあなたの運勢を徹底鑑定!あなたに起こる良いことも悪いことも全てをお教えし、開運へと導きます。

プロの凄腕鑑定師が細かい鑑定結果メッセージで2019年の運命を読み解き、迷うことなく運命の彼と幸せな未来を掴めるように導いてくれます!

2019年の運勢をいち早く知りたい方はこの機会に無料で体験して下さい!

連記事