思いやりを行動に移し、人間関係を良くするには

思いやりを行動に移し、人間関係を良くするには
思いやりを持って人に接することができる人って憧れますよね。生きていれば悩み事を抱えたり、ストレスを感じることがあったりして自分に余裕がなくなることがよくあります。そんな時に思いやりのある行動をとれる人に出会うと「こんな素敵な人になりたいな」と思うものです。

誰でも人に優しくされたり、親切にされると、相手に対して好感を持ちますし信頼関係を築くことができますよね。ですから、思いやりがある行動ができる人の周りには自然と人が集まってきますし、人間関係も良くなります。とは言え、思いやりというのは持とうと思って急に持てるものではありません。

そこで今回は、思いやりのある行動ができる人間になるためのコツや考え方を6つお伝えします。

相手の立場になる

思いやりがある行動は「しよう」と思ってするものではありません。義務的に行動をとると相手にもそれが伝わってしまいますし、自分としてもあまり気持ちよくできるものではありません。

思いやりある行動を義務感からではなく進んでできるようになるには、まず自分が相手の立場に立つことが大切です。相手の気持ちに寄り添うことができれば、自然と困っている人を助けたいと思えますし、サポートしてあげたいという気持ちになれるのです。

 

何をされたら嬉しいか

困っている人の相手の立場に立って物事を考えると、自然と相手を助けたいという気持ちになってきますが、一体どのように行動をしたら、相手にとってそれが思いやりある行動になるのかいまいちわからないですよね。もし自分がしたことが相手に迷惑だったり、役に立たなかったらせっかくの気持ちが台無しです。

そこで、自分だったらどんなサポートをしてくれたら嬉しいかを想像しましょう。相手の立場を自分に置き換えることで「ここまでしてくれちゃうとかえって気を使っちゃうな」とか「こんなことをされたらむしろ有難迷惑だな」などと相手の気持ちを想像することができ、何が思いやりある行動かがわかってきます。

 

独りよがりにならない

相手の立場に自分を置き換えて思いやりある行動を起こそうと思った時に注意しなくてはいけないのが、自分と相手の価値観の違いです。自分だったら嬉しいなと思うことが絶対に正しいとは限らないからです。

相手の性格や普段のふるまいを踏まえると「自分だったら嬉しいけれども、この人に対してはちょっとやりすぎかもしれない」など、思いやりの行動の塩梅を図ることができます。自分が良かれと思うことが絶対に相手にとっても嬉しいことだと独りよがりに考えずに、相手によって対応を調整することも大切なのです。

 

気遣いの姿勢

思いやりのある行動をとったにも関わらず、相手からお礼も言われなければ、むしろ以前より距離を置かれてしまったなんて経験をすると「非礼な人だな」と感じますよね。しかしこれは、自分が思いやりだと思ってとった行動が相手には迷惑だったり、かえって不快だったのかもしれせん。

考え方や完成は人それぞれ異なります。自分が善行をしたと思っていても気持ちがすれ違っているかもしれません。ですから、思いやりから行動をとる時は、相手の表情に気遣うことを忘れてはいけません。相手の気持ちを汲みながら対応ができることこそが人間関係をよくするコツなのです。

 

見返りを求めない

「思いやりのある行動をしよう」と意気込んでした後に相手が喜んでくれると嬉しいですよね。しかし、相手に見返りを求めてはいけません。自分が助けてあげたんだからお礼に何かくれるかもとか、自分が困った時には助けてくれるはずなどと相手に期待をするのは、本当の思いやりある行動とは言えません。

このように相手に見返りを求めてしまうということは、損得感情で行動をしているという証拠です。下心があって人助けをしていると、不思議と相手に魂胆が伝わってしまうものです。そのため、人助けや思いやりある行動をする場合は、見返りを求めてはいけないと肝に銘じましょう。

 

気持ちに余裕を持つ

人は自分のことで精いっぱいの時には他人のために何かしてあげようという気持ちには中々なれないものです。自分を犠牲にしてまでする行動は思いやりを超越してしまい、相手に気を使わせてしまいます。そこで、いつでも自然に思いやりある行動をとるためには、日頃から気持ちに余裕を持つよう意識しましょう。

時間ギリギリの行動をしないようにしたり、締め切りギリギリまで仕事をためないようにするなど、常に自分に余裕を持てるように行動をしておけば、周囲の人を見ることができますし、無理なく人助けをすることができます。

 

さて、自然に思いやりを行動に移すのは簡単なようで実は難しいものです。人は自分のことが大事ですし、もちろんそれは悪いことではありません。しかし、自分のことばかり考えて行動をすると自己中心的な人物として周囲から嫌われてしまいます。

人間関係を良好なものにするためには、人を思いやりを持って行動が取れる人間になることが大切です。思いやりを持てるかどうかは生まれ持った性格なのではないかと思う人がいるかもしれませんが、意識してそうなることも十分に可能です。

今回お伝えしたような、思いやりを行動に移せる人間になるためのステップを段階を追って着実に実践することで、根本的に思いやりがある人間になることができます。大切なのは、日頃から意識をすることなのです。

まとめ

思いやりのある行動をする方法とは

・相手の立場になり自然と思いやりを持てるようになる
・自分だったらどうしてくれたら嬉しいか想像する
・相手のためにならない独りよがりな行動はしない
・相手が迷惑がっていないか気遣いを忘れない
・思いやり行動をしたら相手に見返りを求めない
・いつも相手を思いやれるように気持ちに余裕を持つ

オーラでわかるあなたに待ち受ける“運命日“

あなたの運命や人生の転機は、あなたから出ているオーラでわかります。今、当たると話題の「オーラ診断」では、これから起こるあなたの未来を大予言!どうすればあなたが幸運へと導かれるかを教えてくれます。

凄腕の鑑定師が個別に作成してくれる鑑定結果メッセージが、あなたの運命を切り開いてくれるでしょう!

気になる方は是非試してみてください!


連記事
タイトルとURLをコピーしました