木星人の本当の性格・持って生まれた恋愛や人生の傾向とは?【2020年版】

木星人の本当の性格・持って生まれた恋愛や人生の傾向とは?
生年月日から性格や人生傾向・適職や恋愛運を読み解く「六星占術」。もしかしたら、その名前を聞いたことがある人もいるかもしれませんよね。六星占術は古代中国から伝わる物を、現代版にアレンジした占いで、良く当たると話題となっています。

六星占術では、6種類の星に分類して生まれ年によってプラスとマイナスに分けます。このうち、木星人は真面目にコツコツ努力を重ねているタイプが多いです。その一方で新しいことに挑戦したり、臨機応変に対応するのが苦手で、安定した毎日を好みます。

ただ、もし木星人の方とお付き合いしている場合は「なんでも抱え込まないでもっと頼ってほしい!」などと感じているかもしれまません。この記事を読めば、そんな木星人ともうまく付き合っていけるでしょう。

それでは今回は、六星占術における木星人の性格・持って生まれた恋愛や人生の傾向についてお伝えします。

木星人の基本性格と仕事・恋愛傾向

真面目なイメージ
ではまず、木星人の基本性格と仕事や恋愛の傾向についてお伝えします。

※自分が何星人なのかはこちらを見てください

占い計算ドットコム
誕生日から星座、厄年、ソウルナンバー、生後日数などを計算する占いの為の自動計算サイトです。

基本の性格:目標に向かって真面目で着実にこなす

木星人はひとつひとつの課題に対して、明確な目標を持ち、着実にこなしていく事が出来ます。一見地味な存在のように思われますが、実はコツコツと努力を重ねており、いわゆる「縁の下の力持ち」のようなポジションにいる事が多いでしょう。真面目な姿勢が評価され、職場の上司や学校の先生から、頻繁に褒められています。

木星人は、「何の為にこの仕事をするのか」といった目的や、「この仕事を終えたら、どのような成長が見込めるのだろうか」といったゴールを定める事によって、自分のスキルを存分に発揮したいと願っています。

そのため木星人にとっては、目的がある方がモチベーションアップに繋がりますし、目標を叶えた時の達成感によってさらに次の目標へと向かおうとする向上心を持つ事ができるでしょう。

 

木星人が向いている向いている仕事:事務職や医者・政治家

木星人は、変化のある毎日よりも、安定した毎日を好みます。仕事や勉強に関しても、オリジナルの時間割を作ったり、ローテーションを組む事で、毎日同じ方法で進めていく方が、やりやすいと感じているのではないでしょうか。

真面目にコツコツと努力を重ねる力を持っている為、木星人に向いている職業としては、事務職や研究者、作業系のお仕事が挙げられます。

例えば、「この部品はこのままセットするけれど、その部品に関しては別の箱に分けて…」といったように、決められたマニュアルに沿って動く事も得意です。

また、厳格で、物事を冷静に判断出来る力の持ち主でもありますので、学校の先生や医者、政治家、裁判官などの職業にも向いています。

木星人は、国家試験を受けたり、資格が必要な職業が適職として挙げられていますが、資格を取るまでの勉強も、あまり苦に感じませんし、途中で諦める事も滅多に無いので、例え時間がかかったとしても着実に目標を達成する事が出来るでしょう。

 

恋愛傾向:じっくりと時間をかける

木星人は恋愛においても、慎重に相手を見極め、自分のパートナー探しには十分すぎるほどの時間を掛けることがあります。

好きな異性に対して、どのタイミングで、どのようにアタックすれば効果的なのかを考えていますので、自分から声を掛ける勇気がなかなか出ない事があるでしょう。

その為、好きな男性が、六星占術において木星人タイプに当てはまる場合は、あえて自分から声を掛け、アタックすると効果的です。

 

木星人プラスの性格と特徴

真剣なイメージ
六星占術では、各星人プラスとマイナスに分かれます。そこで、まずは木星人プラスの人の性格を解説しましょう。

責任感が強い

六星占術における運命星は、生年月日だけでなく、干支によってプラスとマイナスに分かれており、思考や言動に関する診断結果も少し異なっています。

木星人プラスの人はとにかく真面目で、「自分の事は自分でやらなければならない」と考えています。周りの人から「手伝おうか?」と言われても、思わず「大丈夫です」と言って断ってしまう事が多いほど、責任感が強いでしょう。

木星人プラスの人と付き合っている場合、彼の相談相手に周ったり、一緒に気分転換に出かけると喜ばれるでしょう。

 

我慢強く、周りの人へ助けを求めようとしない

六星占術の運命星は、生まれ年の干支によって、プラスとマイナスの2つに分類されており、同じ運命星でも、人生傾向や性格の診断結果が微妙に異なる場合があります。

木星人プラスの人は、我慢強く、どんな困難な問題を抱えていようとも、対処する為に努力出来る性格です。

周りの人へ助けを求める事が少ないので、かえって心配されてしまう事も多いのではないでしょうか。冷静に物事を判断するので、失敗する事はあまりなく、「エリート」とか「優等生」といったイメージを持たれています。

 

恋愛は真面目なお付き合いを続けることができる

木星人は、とても真面目な性格の持ち主ですので、好きな異性に対してどのようにアプローチするべきかが分からず、お付き合いをスタートするまでの時間が掛かってしまう人が多いです。

アタックしたいとは思っていても、心の中で、「ここでこう言ったらどうなるかな?」とか、「今はタイミング的に良くないかな?告白はまだ早い?」などと考え込んでしまう事が多いのではないでしょうか。

※ 木星人プラスの2020年の運勢や性格、相性などは以下の記事で詳しくお話ししています。

 

木星人マイナスの性格と特徴

ポーカーフェイスなイメージ
一方、木星人マイナスの人の性格の特徴も見てみましょう。

頑固で粘り強い

木星人マイナスの人は、木星人プラスの人と同じく、何でも一人で抱え込んでしまい、ストレスや疲れが溜まりがちです。ですが、時には思い切って大胆な行動をとるので、周りの人を驚かせる事があります。

木星人マイナスの人は真面目な上に、頑固で粘り強い面もありますので、一度決めた事には迷いなく突き進んでいく事があるでしょう。

彼の決めた事を肯定し、応援してあげると喜びますので、木星人マイナスの人と付き合っている人は、「頑張って!でも、無理はしないでね」などと、優しく声を掛けると効果的です。

 

時々大胆な行動をして、周りの人を驚かせる

木星人マイナスの人は、木星人プラスの人と同じく、真面目な人が多いです。周りから期待されたり、信頼されている事を感じると、その期待に応えようと、無理をしてでも頑張ってしまう傾向があります。

基本的には大人しいのですが、大きな決断をする際には、思い切って行動してしまったり、予想外の選択肢を選ぶ為、フットワークの軽さで周りの人を驚かせているでしょう。

 

※ 木星人マイナスの2020年の運勢や性格、相性などは以下の記事で詳しくお話ししています。

 

木星人の異性とうまく付き合うコツ

木星人の恋愛のイメージ
さらに、木星人の異性とうまく付き合うにはコツがあります。そこでその「木星人とうまく付き合うコツ」についても紹介しましょう。

1人で抱え込んでしまうので、声をかけよう

木星人は堅実で、「決められたやり方に沿って仕事や勉強に打ち込む事」を得意としています。新しい事に挑戦したり、未知の世界に飛び込むような冒険をする事はあまりなく、安定した毎日を送りたいと考えています。

上司や学校の先生からは、真面目な姿勢を褒められる事が多いのですが、「これをやってみたら?」などと、新しい事を勧められた場合には、戸惑って断ってしまうケースもあるでしょう。

また、自分のやり方や目標を、事細かく確認しながら進めようとしていますので、周りの人とのペースが合わない事もあるかもしれません。あまりに慎重すぎて、「まだそんな事チェックしているの?」などと飽きられてしまうことも。

さらに、木星人は何でもかんでも一人で抱え込んでしまいますので、他の人に助けを求める事がありません。「あの人に頼ったら迷惑かな…?」と心配になってしまい、結局は孤独になりながらも一人で進めてしまいがちで、逆に周りの人から心配される事もあります。

木星人は人に頼りたくないのではなく、遠慮してしまったり、「自分の仕事は自分でするべきだ」と考えがちですので、木星人の人と付き合っているという方は「何か私にも出来そうな事ある?」などと声を掛け、話を聞いてみましょう。

悩みや不安を打ち明けてもらう事で、さらに距離を縮める事が出来ますよ。

 

木星人の意思を尊重する

木星人の結婚後は、家族や子供を大切にしますので、円満な家庭を築く事が出来るでしょう。ただ、真面目な性格のあまり、「家庭内のルール」をしっかりと定め、守ってもらう為に、子供へのしつけを厳しくしたり、家族の動きをよく見る事があるかもしれません。

結婚してからは、家庭をとても大切にしますので、家事や子育てにも一生懸命に取り組む事が出来ます。とにかく真面目な木星人は、「家族とはこういうもの」というイメージを厳格に保っていて、パートナーや子供と支えあいながら、充実した人生を送ろうと考えています。

そのため、その真面目な性格が強く影響し過ぎてしまうと、子供へのしつけが厳しくなってしまったり、パートナーの行動を監視するような態度になってしまうこともあるので注意が必要です。

多少厳しく声を掛けられても、「家族の為に気を遣ってくれてありがとう」と、彼の真面目さを肯定すると喜ぶでしょう。

 

ということで、六星占術における木星人の性格・持って生まれた恋愛や人生の傾向についてお伝えしました。

木星人はとにかく真面目な、「優等生タイプ」の人が多い為、何でも一人で抱え込み、周りの人に頼ろうとしません。

木星人は決められたマニュアルに沿って進める、事務職や作業系のお仕事、厳格な判断力を求められる、医者や裁判官などの職業が向いています。ひとつひとつを着実にこなしていける木星人は、ノルマやゴールを設定すると、さらにモチベーションアップになりそうです。

また、木星人プラスの人は我慢強さが特徴で、木星人マイナスの人は、時に大胆な行動をとる傾向があります。

木星人は責任感を持って仕事に取り組む姿勢は評価されていますが、ストレスや疲れが溜まりがち。そのため木星人の異性をを喜ばせるには、「何か手伝える事ある?」と聞いたり、一緒に気分転換に行くと効果的です。

また、結婚後は家庭を大切にしますが、家事や子育てに関して厳格なルールをしっかり定めますので、木星人の意思を尊重すると喜ばれるでしょう。


六星占術の他の星人の性格や恋愛傾向・相性・運勢などは以下のページからご覧ください。



2020年あなたの運勢をズバリお教えします!

98%の人が当たっていると実感!あなたの運勢を『干支占い』が無料鑑定します。

『干支占い』では、2020年あなたの運勢を徹底鑑定して、 今年、起こる良い事を事前に教え開運へと導いてくれます。

凄腕の占い鑑定師は『恋愛(不倫・復縁)・仕事・対人・金運」すべて鑑定可能!

『今年の運勢』を知りたい方!今だけ『無料鑑定』を体験下さい!

連記事

タイトルとURLをコピーしました