木星人プラスと相性のよいタイプとは?性格・運勢・恋愛傾向を徹底解説【2020年版】

木星人プラスと相性のよいタイプとは?性格・相性・恋愛傾向を徹底解説
大きな成功をした人や芸能人が多い木星人プラス。多くの人に好かれる人気者体質である他に、どのような性格でどんな恋愛をする傾向にあるのか気になりますよね。

器用に何でも卒なくこなし人望が厚いイメージがありますが、その裏には並々ならぬ努力が隠されています。木星人プラスの人のカリスマ性に隠された本来の性格を知れば、ぐっと身近な存在に感じられますし、人気の秘密もわかってしまうかもしれません。

その反面、ルールやノルマを重視しすぎるせいで、周りの人に厳しい態度を取ってしまう事があります。イレギュラー対応を求められると慌ててしまったり、新しい分野の仕事に取り組む事に関しては、苦手意識を感じてしまうのも木星人プラスの人の特徴です。

そこで今回は、木星人プラスの人の性格と他の星との相性、恋愛傾向や運勢まで徹底的に解説します。

  1. 木星人プラスってどんな人?
    1. 石橋を叩きながら、コツコツ努力を積み重ねる
    2. 何でも出来るようで意外と不器用
    3. 多くの人に好かれるのでリーダーに向いている
    4. 仕事に関しては、論理的に物事を進められる職業が向いている
  2. 木星人プラスの恋愛傾向、恋のパターン
    1. 愛情深い人が多い
    2. 好きな異性に対してなかなかアタック出来ない
    3. 慎重に相手を見極める為、結婚までの時間が掛かる
    4. 家庭を大切にする分、パートナーや子供の行動を束縛しがち
  3. 木星人プラスと他の星人との相性について
    1. 木星人プラスと木星人の相性は少し物足りないかもしれません。
    2. 木星人プラスと火星人の相性は波乱が多い恋愛になりそうです。
    3. 木星人プラスと水星人の相性は役割分担がしっかり出来れば悪くありません
    4. 木星人プラスと金星人の相性は相手にどれくらい愛情を注げるかにかかっています
    5. 木星人プラスと土星人の相性は2人だけなら良い関係になります
    6. 木星人プラスと天王星人の相性は違いを補い合う良い関係です
  4. 木星人プラスの人に気をつけて欲しい「人生の落とし穴」
    1. 自分に与えられた課題やノルマを達成する為に、頑張りすぎないように
    2. 時には柔軟な対応をする事も心がけてください
    3. ストレスを抱えすぎない事が大切です
    4. 「自分の仕事は自分で行う」→たまには周りの人に頼りましょう
  5. 木星人プラスの2020年の運勢について
    1. 今年(2020年)の大殺界は誰?
    2. 今年(2020年)の木星人プラスの運勢とは
    3. 木星人プラスの運勢早見表

木星人プラスってどんな人?

木星人プラスの性格のイメージ
六星占術では、生まれた年の干支が子・寅・辰・午・申・戌の人はプラス、丑・卯・巳・未・酉・亥の人はマイナスに分類されており、人生傾向や性格の診断結果が異なっています。

その中で、木星人プラスがどんな性格の人なのか見てみましょう。

※自分が何星人なのかはこちらを使って診断できます

占い計算ドットコム
占いの為の無料の自動計算サイト(2020年版)です。誕生日から六星占術の運命星(何星人?)、星座、厄年、ソウルナンバー、生後日数などを算出します。

石橋を叩きながら、コツコツ努力を積み重ねる

木星人プラスの人は小さな事の積み重ねが苦にならない人なので、宝くじを引いたような大成功よりも目標に向かって着実に物事を進めて成功を手にする人が多いです。

つまり、根気強く努力家なので、一か八かのギャンブル的な挑戦や先がわからない冒険に頼るよりも自分の力で慎重に一歩ずつ進んで行く事を選ぶでしょう。

 

何でも出来るようで意外と不器用

木星人プラスの人は一見器用に見えますが、本当は不器用な人。しかし、出来ないままで終わりたくない負けず嫌いさや任された事は投げ出さずにやり切る責任感の強さを持っていて、持ち前の根気強さで失敗や苦手を克服するので器用な人に見えるのです。

不器用なのは人付き合いにも表れていて、嘘が苦手で真面目、自分の考えを曲げられない木星人プラスの人は思った事を遠慮せずに口に出したり、話し合いなどで妥協が出来なかったり。

一言謝罪の言葉があれば良いような場面でも、自分が納得出来なければなかなか謝れません。そのため気難しく付き合いにくいと思われがちで、要領が良いタイプでもなく口下手に思われることもあるかもしれません。

このため、木星人プラスの人と付き合う時はじっくり時間をかけて理解しましょう。

 

多くの人に好かれるのでリーダーに向いている

木星人プラスの人は不器用な所もあるものの、真面目で誠実な上、人をまとめる事が上手なリーダー気質なので多くの人に好かれます。ただ、融通が利かない面があるので社長の地位に就いたり開業するよりも、トップの人を支える方が向いています。

また、木星人プラスは特に目立った行動をしなくても人を惹き付ける魅力を放っているカリスマ性がある所謂モテる人で、恋愛面では異性に言い寄られる事も少なくありません。

 

仕事に関しては、論理的に物事を進められる職業が向いている

木星人プラスの人は、真面目にコツコツと物事を進める事が出来る為、職場の上司や学校の先生など、目上の人からは褒められる事が多いでしょう。ただ、ルールやマニュアルに沿って、厳格に仕事を進める為、周りの人からは、「なんかあの人って真面目過ぎるよね…」と、お堅い印象を持たれがちです。

しかし木星人プラスの人は、物事の流れを冷静に掴み、どのように対処すべきかを判断する力を持っています。感情に流される事が無い為、周りの人の意見が対立したとしても、両方の意見を聞き、まとめていく事が出来ます。その為、職場や学校では、プロジェクトをまとめるリーダーとしても活躍できそうです。

ただ、新しい事を始めたり、未知の世界に飛び込む事は苦手としていますので、周りの人からのサポートが重要になるでしょう。

 

木星人プラスの恋愛傾向、恋のパターン

木星人プラスの恋愛傾向、恋のパターンのイメージ
では、そんな木星人プラスの人が恋におちたらどんな行動を取るのか、見ていきましょう。

愛情深い人が多い

木星人プラスの人はパートナーや家族をとても大事にする人で、恋愛の相手が木星人プラスの場合は浮気や不倫の心配はない事がほとんどです。堅実な人が多いので家庭がある人はギャンブルやお酒にのめり込む人も少なく、木星人プラスの人がパートナーの場合は安定した生活が出来ます。

愛情深い一方、嫉妬深い面もあるのが木星人プラスの特徴。元々不器用なタイプなので、要領の良い人や自分の努力で追いつけないような人が現れるとパートナーが目移りしてしまうのではないかと恋愛関係に危機を感じてしまうのです。

ただ、じっとしているタイプではないのでライバルに負けないように自分磨きをします。

 

好きな異性に対してなかなかアタック出来ない

木星人プラスの人は、真面目で大人っぽい印象がある為、異性からモテる運命星です。ただ、好きな人の様子を慎重に伺う為、自分からアタックする事はほとんどありませんし、結婚に踏み出そうとしても時間が掛かってしまいます。

また、木星人プラスの人は、人当たりは悪くないものの、職場や学校では事務的な会話をする事が多い為、「交友関係は狭い…」という人が多いかもしれません。

他人の事を気にして、「今、ここでこういう発言をしたら嫌がられるかな?」などと様子を伺うので、なかなか自分から話し掛ける勇気はなさそうです。

もし木星人プラスの方とお付き合いしている場合、受け身に徹しているといつまでも告白やプロポーズが受けられずもどかしい思いをするかもしれません。

しかしそれは愛情が無いわけではなく慎重なだけなので受け身でいるよりは気持ちをぶつけていく方がスムーズに発展出来る場合があります。

 

慎重に相手を見極める為、結婚までの時間が掛かる

木星人プラスの人は、恋愛においても真面目なので、遊び半分で異性と付き合う事はまずありません。慎重に相手の様子を見極める為、30代、40代になってから結婚する人も多いでしょう。

判断を怠らない点は木星人プラスの人の長所ですが、「付き合って長いのに、どうして結婚を考えてくれないの?」などと恋人に怒られてしまう事があるかもしれません。

恋愛においては奥手で、自分から想いを打ち明けようとすることは滅多にありませんので、本当のパートナーを見つけるまでに時間が掛かってしまうことが多いでしょう。

慎重に将来の結婚相手を探す事は大切ですが、木星人プラスの人は、相手に対してガードを固くしすぎたり、警戒心を持ってしまわないように気を付けましょう。自分の心の内を打ち明ける事で、相手もあなたの事を信頼し、距離をグンと縮める事が出来るでしょう。

 

家庭を大切にする分、パートナーや子供の行動を束縛しがち

木星人プラスの人は、結婚後は家庭を大事にしますので、他の異性と浮気や不倫関係に陥るような事が滅多にありません。

真面目な性格は家庭においても発揮され、家事や子育ても一生懸命にこなしているのです。休日はパートナーと過ごす時間に充てたり、子供を連れて遊びに行く事も多く、周りから憧れられるような、「理想の家庭」を築く事ができるはず。

ただ、木星人プラスの人は、家庭においてもルールを作り、守る事を大切にしています。門限や家事の分担など、細かい点も配慮し、「これはこうしよう」などと家族に提案する事がありますが、あまりに真面目な性格の為、約束が破られてしまうと機嫌を損ねたり、怒ってしまう可能性がありますので、気を付けましょう。

子供を立派に成長させたいからといって、しつけを厳しくしすぎては、逆効果になる可能性があります。木星人プラスの人は、パートナーや子供の行動を束縛しすぎない事が大切です。

 

木星人プラスと他の星人との相性について

木星人プラスと他の星人との相性についてのイメージ
では次に木星人プラスと他の星人との相性をみていきましょう。

木星人プラスと木星人の相性は少し物足りないかもしれません。

木星人プラスと木星人の相性は2人だけだと少し物足りない組み合わせです。ですのでカップルやパートナーが木星人プラスと木星人だった場合は、「なんとなく、、、」の時間がダラダラと流れてしまったり、喧嘩をするとついついネガティブな方向に話が進んでしまったりと双方が足を引っ張り合う関係になりそうです。

2人がうまくいく為には、友人や他の家族なども含めた関係を作っていく事。すると木星人が持つ誠実や堅実な部分が周りの役に立ちお互いの存在意義を感じられる関係になるでしょう。

 

木星人プラスと火星人の相性は波乱が多い恋愛になりそうです。

真面目な木星人プラスに対してやや天然な人が多い火星人の相性は基本的に波乱のある組み合わせとなります。

この2人が恋愛をする場合には木星人プラスの人が火星人に振り回されてしまいストレスを抱えてしまうだけなく、物事の進め方についても両者はかなり異なる為、喧嘩の絶えない関係になってしまうかもしれません。

ある程度年齢がいってからのお付き合いであれば歩み寄ることも可能ではありますが、特に若い世代では互いの我が強く出てしまいますので、あまり長続きはしない事が多いようです。

 

木星人プラスと水星人の相性は役割分担がしっかり出来れば悪くありません

社会性の高い木星人と自立心の強い水星人の相性は良い関係を保つには条件のつく組み合わせとなります。この2人が一緒になる時にはお互いの役割分担をはっきりとさせる事が必要不可欠ですので、なんでも仲良く一緒にというわけにはいきません。

とはいえ、それぞれが独立、自立した性格をもっていますので、お互いの領域や役割を全うする事で2人でいる事の意味や価値を見出せる、といった少し変わった間柄のパートナーになるでしょう。

 

木星人プラスと金星人の相性は相手にどれくらい愛情を注げるかにかかっています

何事もコツコツと堅実に物事を進める木星人と自由法方でとりあえずやってみようというスタンスの金星人はお互いをしっかり理解する必要がある相性となります。

2人の関係性としてはあれこれやってみては失敗もする金星人のフォローに木星人プラスの人が回る事が多いですので、互いにそれがストレスにならなければ良いお付き合いが長く続くでしょう。

少し注意してほしいのは「人は人」「自分は自分」と割り切る事は大切ですが、その度が過ぎてしまうと一緒に居る事の意味を見失ってしまいますので、愛情を持って接する事を忘れないようにしてください。

 

木星人プラスと土星人の相性は2人だけなら良い関係になります

木星人と土星人は似た雰囲気を持っている為、相性は基本的に良いです。どちらかと言うと真面目でコツコツタイプの木星人プラスと独創的な考え方を持った土星人ですので、その2人にしか理解できないような絆や関係性で結ばれる事も少なくありません。

しかし、そこに他の人が入る隙がない為、家族や友人との縁が薄くなってしまう事がありますので、少し注意しておきましょう。

また、この組み合わせは突然どちらかが他の人を好きになってしまい関係が終わる事も多いですので、長い目で見ると何が起きるかわからない組み合わせと言えるでしょう。

 

木星人プラスと天王星人の相性は違いを補い合う良い関係です

現実派の木星人とロマンチストな天王星人の相性は理想的な組み合わせです。

互いの価値観や行動パターンはまったく異なるのですが、それぞれが足りない部分を相手が補う事や、ある意味自分の憧れ=パートナーの組み合わせになりますので、自然と惹かれ会う2人となります。

この関係をさらに発展させる為には木星人プラスが天王星人をうまくサポートしてあげる事。

すると、この2人にしか実現できないような事が達成できたり、周囲の関係を含めて円満な家庭や環境を作る事が可能です。

 

木星人プラスの人に気をつけて欲しい「人生の落とし穴」

落とし穴のイメージさて、そんな木星人プラスの人には共通して気を付けたい点があります。その「人生の落とし穴」について解説します。

自分に与えられた課題やノルマを達成する為に、頑張りすぎないように

木星人は、基本的に真面目な性格の人が多いのですが、中でも木星人プラスの人は、仕事において、自分の目標やゴールを明確に定め、その目標に向かって努力を重ねる事が出来ます。

木星人プラスの人は、自分に与えられた課題やノルマを達成しようと必死に頑張る為、他の人の力に頼らず、自分自身の力で何とかしていきたいと考えています。

あまりに頑張りすぎて、周りの人から心配されてしまう事も多い中、我慢強く一つのタスクに取り組む為、そのような心配の声も入らないほど集中してしまいます。

 

時には柔軟な対応をする事も心がけてください

木星人プラスの人は、真面目にコツコツと物事を進める事が出来る為、ルールやマニュアルに沿って、着実にこなしていける力を持っています。その反面、柔軟な対応をする事が苦手で、イレギュラー対応を求められた場合は困惑してしまうかもしれません。

必ず計画を慎重に練ってから行動しますので、仕事におけるミスはほとんどありません。

ただ、変化や冒険を好まないので、周りの人からは、「真面目過ぎて、近付きにくいよね…」と、お堅い印象を持たれてしまったり、「君は工夫とかアレンジをする事が無いけど、普通のやり方しか出来ないの?」と言われてしまう事があるかもしれません。

決まりやマニュアルを守る事は大切ですが、木星人プラスの人は、可能な限り自分のアレンジや工夫を仕事の中に取り入れ、新鮮味を持たせると効果的です。

 

ストレスを抱えすぎない事が大切です

真面目な分、頑張りすぎてしまう木星人プラスの人は挫折から立ち直る力や苦手な事をめげずに根気良く続ける力を持っているものの、ストレスを溜め込む一面があります。

根気が良く打たれ強い分、ストレスを溜め込みやすく、周囲の人に頼れないままもやもやと一人で悩んでしまう事も。他の人にとっては我慢できないようなストレスや負担でも耐えてしまうのが木星人プラスの人。

自分の考えがはっきりしている木星人プラスの人は自分でも気づかない内にストレスを溜め込み、ネガティブな考えに一直線に向かっていってしまう危うさがあり、他の人がアドバイスをしてもすぐに受け入れられず気を病んでしまう事もあります。

恋愛においても同様に小さな悩みをずっと我慢してしまうので相手が木星人プラスの場合、抱えている悩みを引き出してあげるように話を聞いてあげましょう。

 

「自分の仕事は自分で行う」→たまには周りの人に頼りましょう

木星人プラスの人は、責任感が強い為、「自分に与えられた仕事は、自分で終わらせなくてはならない」と考えています。自分からは周りの人に相談したり、助けを求める事が無いので、かえって周りの人から心配されてしまう事が多いのではないでしょうか。

木星人プラスの人は、あまりに一つの事に集中しすぎて、周りの人に「やめておいたら?」などと声を掛けられたとしても、気にせずに進めてしまいます。

責任をもって仕事に取り組める姿勢は良い点ですが、木星人プラスの人は、もう少し周りの人に助言を求めてみましょう。同時にいくつもの仕事を抱え込んでしまうと、ストレスや疲れが溜まる原因にもなりますので、無理をせず、時には上司や同僚に相談すると良いでしょう。

 

木星人プラスの2020年の運勢について

木星人プラスの2020年の運勢についてのイメージ
では最後に六星占術における木星人プラスの今年(2020年)の運勢についてお話しします。

今年(2020年)の大殺界は誰?

今年(2020年)の大殺界(霊合星人を含む)は

  • 土星人マイナス(減退)
  • 水星人プラス(停止)
  • 水星人マイナス(陰影)

になります。

そして今年(2020年)中殺界なのは

  • 天王星人プラス(乱気)


さらに今年(2020年)に小殺界なのは

  • 火星人マイナス(健弱)

になり、木星人プラスの人は該当しませんので安心してください。


※ 大殺界や中殺界、小殺界については以下の記事で詳しくお話ししています


 

今年(2020年)の木星人プラスの運勢とは

2020年の木星人プラスの運勢は「安定」です。

これは12周期で巡る運勢の9番目の年で、秋の収穫を終えて安定した状況の季節を意味します。安定の年はすべての成果を受け取って存分に人生を楽しむ事ができる、とても運気の強い一年です。

しかし気をつけて欲しいのは、人生はここで終わりではありません。秋の次には必ず冬が訪れます。ですので、この時は「受け取る事」に注力して、何か新しい物事をスタートさせる事にはあまり適していない事を理解しておきましょう。

行うべきは「受け取る事」と「次の季節に備えて準備する事」この二つをバランスよく行う事で、とても良い一年になります。

 

木星人プラスの運勢早見表

木星人プラスの近年の運勢周期は以下になりますので参考にしてください。

2010年 停止(大殺界2年目)
2011年 減退(大殺界3年目)
2012年 種子
2013年 緑生
2014年 立花
2015年 健弱(小殺界)
2016年 達成
2017年 乱気(中殺界)
2018年 再会
2019年 財成
2020年 安定
2021年 陰影(大殺界1年目)
2022年 停止(大殺界2年目)
2023年 減退(大殺界3年目)
2024年 種子
2025年 緑生
2026年 立花
2027年 健弱(小殺界)
2028年 達成
2029年 乱気(中殺界)
2030年 再会

 

ということで、今回は木星人プラスの人の性格と他の星との相性、恋愛傾向・運勢まで徹底的に解説してきました。ざっくり内容を振り返りましょう。

  • 木星人プラスの人気の理由は不器用ながらに何でもコツコツと努力を積み重ねた結果であり、それまでの並々ならぬ努力は木星人プラスの性格である真面目さと根気強さ、負けず嫌いな一面が支えていたのです。
  • 恋愛面でも生真面目で慎重なので、恋愛に発展するまで時間はかかりますが誠実な人です。
  • 木星人プラスの人が陥りやすい人生の落とし穴としては、あまりに真面目で責任感が強い為、周りの人に頼る事無く自分の仕事に取り組んでいます。慎重に物事を進められる点は評価されていますが、その反面、お堅い印象を持たれやすい傾向があります。
  • また、ルールやマニュアルに沿って物事を進める事は得意ですが、柔軟な対応をする事が出来ず、正統派のやり方をしてしまう傾向にあります。

責任感が強い点は素敵ですが、木星人プラスの人は、完璧主義を辞め、もう少し肩の力を抜くようにしましょう。時には周りの人に頼る事で、職場や学校の仲間と、より友好的な関係を築く事が出来るでしょう。


六星占術の他の星人の性格や恋愛傾向・相性・運勢などは以下のページからご覧ください。



あなたの好きな人は本当に運命の人?

98%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気

片思い中の人も、お付き合いしている人も 本当の運命の人を知りたいですよね?

あなたが選んだカードや生年月日からあなたの運命の人をズバリ診断する 『真実見抜くタロット診断』が大好評!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、今お付き合い中の彼かもしれません。いつ、どこで運命の人と会えるのか 今なら≪無料鑑定中≫

あなたの運命の人は一体誰なのか?知りたい方は是非やってみて下さい


連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました