木星人マイナスと相性のよいタイプとは?性格・運勢・恋愛傾向を徹底解説【2020年版】

木星人マイナスと相性のよいタイプとは?性格・相性・恋愛傾向を徹底解説
自分の性格や他人の性格の特徴って気になりますよね。生年月日をもとに導き出される六星占術ですが、分かれた星によって運勢や性格、相性などにそれぞれ違いがあり、干支によってプラスかマイナスに分かれます。

そんな中、木星人マイナスの人は冷静沈着で物事には動じない雰囲気を持つ常識的な人柄で、物事をコツコツと計画的に進めていくことを得意とする六星占術の中でもとても真面目な性格が特徴的。もしかしたら、そんな性格をしている人が周りにいるかもしれません。

でも、長所もあれば短所もあるので、気を付けなければいけないところもあります。また、この性格は恋愛にも通じるところがあります。

そんなわけで今回は「木星人マイナス」の人がどんなタイプと相性が良いのか、性格や相性や恋愛傾向・運勢も合わせてお伝えします。木星人マイナスの人は、充実した毎日を送る為に、ぜひ参考にしてみてください。

木星人マイナスってどんな人?

木星人マイナスってどんな人?のイメージ
まずは木星人マイナスの人がどんな性格なのか、見ていきましょう。

※自分が何星人なのかは以下から診断できます

占い計算ドットコム
誕生日から星座、厄年、ソウルナンバー、六星占術の運命星(何星人?)、生後日数などを計算する占いの為の自動計算サイトです。

真面目で計画的

木星人マイナスの人は、一人で黙々と仕事に取り組む為、どこか大人っぽい印象を醸し出しており、周りの人からは地味に思われてしまいがちですが、着実に目標を達成しようとする努力家でもあります。

感情に流される事が無い為、「これはこういう理由だから、自分はこう考えている。」といった感じで、常に論理的かつ冷静な判断をしています。

また、我慢強い為、自分の決めた事は途中で投げ出さず、例えどんなに時間が掛かったとしても最後までやり通す事が出来ます。

木星人マイナスの人は、「いつの間に、そんな事出来るようになっていたの!?」とか、「えっ、もうその作業終わったの?」などと驚かれる事が多いのではないでしょうか。あまりに頑固すぎて、周りの人からの評価も気にしないほど集中してしまいます。

 

落ち着いた雰囲気を持っている

物静かで落ち着いた雰囲気を持つ木星人マイナスは、服装やメイクなどの見た目や言動は控えめですが内に秘めたプライドの高さがあるので、相手を冷静に分析していることが多くあります。

また、自分の話を積極的にする方ではないので何を考えているか分からないと思われていることも多いですが、大人数ではしゃぐよりも一人もしくは少人数の方が落ち着くというタイプです。

そして木星人マイナスの周りには自然と似た雰囲気の人が集まるので、もう少し社交的になりたいと感じている場合は、人と集まる時には思いっきり楽しむ!と割り切ってしまうことがおすすめです。

 

サービス精神が旺盛

木星人マイナスの人はサービス精神の持ち主とも言われています。例えば会社や学校では、ボランティア活動に積極的に参加したり、家庭においても、家族サービスをして、パートナーや子供を喜ばせています。

団体や組織においては、黙々と作業を進めており、あまり自分から周りの人に声を掛けようとはしませんが、木星人マイナスの人は、人の為に何かをしてあげたり、自分の時間を誰かの為に捧げる事によって、役に立ちたいという思いが強いです。

例え自分が犠牲になったとしても、誰かの為にお金や時間を充てて、その人が幸せに暮らせるのであれば、喜んで他人に尽くす事が出来ますので、周りの人からは「あの人って献身的だね!」と言われているでしょう。

 

頑固な部分もある

自分の考えをしっかりと持っている木星人マイナスは自分の考えに自信があるがゆえ普段からプライドが高くて負けん気が強い傾向にあり、周囲から気難しい頑固な性格だと思われることも多々。

決めたら最後までやり通す高い志を持っているのが木星人マイナスの良さですが、無理をしてまで目標を達成しようとすることもあるので注意が必要です

持ち前の計画性と努力する姿勢で周囲からの信頼を得ることが出来るので自分の考えだけが正解と思わずに人の意見を受け入れる柔軟性を磨いていくとより生活が充実していくに違いありません。

 

素直になれない、あまのじゃくタイプ

真面目で頑固な性格の木星人マイナスですが、時に優柔不断で繊細な一面が見られることがあります。素直に感情を表現できないので面と向かって人を褒めることができなかったり、逆に自分への評価への喜びを上手に表現できないということも。

一見強そうに見えて実は寂しがり屋といったあまのじゃくな性格なので思ったことを上手に口に出せないことも多く、心が辛くなることもあるかもしれません。

自分のあまのじゃくな性格で損をすることが多いと思う場合は、少しずつでも良いので人に心を開き、嬉しい時は嬉しい、寂しい時は寂しいと言ってみると気持ちがスッキリするはずです。
 

木星人プラスの恋愛傾向、恋のパターン

木星人マイナスの恋愛のイメージ
そんな木星人マイナスは恋をするとどんな感じのことが起きるのでしょうか、実際に見てみましょう。

恋愛や結婚は基本は無難な方を選びます

木星人マイナスの人は、約束を破る事はまずありませんし、恋愛においても、異性の事を気遣い、自分の時間を割いてでも恋人を楽しませようとしてくれます。その為、木星人マイナスの人は、真面目な印象と、サービス精神の持ち主である点が評価され、異性からモテています。

ただし、変化や冒険を嫌う性格の人が多い為、例えばデートで食事に行く際は、いつも同じレストランに行って、毎回同じメニューを注文するなど、ワンパターンな行動をする事が多いかもしれません。

例えば「前に食べた時に美味しかったから、今回もこれを注文しておけば間違いない!」という人、いますよね。このように確実な結果を求める木星人マイナスの人は、安定しているという意味では良いのですが、恋人から「またそのメニュー頼んだの…?」と呆れられてしまうかもしれません。

確かにお気に入りの物や、「いつもの習慣」を大切に出来る点は素敵ですが、木星人マイナスの人は、時には冒険を楽しむ勇気を出し、いつもとは違った場所に行ったり、初めての出来事を経験してみると良いでしょう。

情報収集が出来ていない場合は、パートナーの好みも参考にし、一緒にデートプランを立てる事も効果的です。

 

結婚後は家庭でもルールを大切にする

木星人マイナスの人は、真面目な性格の人が多い為、異性からはモテるものの、結婚するまでは慎重に相手を見極めることに時間を要し、かえってタイミングを見失いがちです。

木星人マイナスの人は、結婚してからは家庭運や子供運に恵まれていますし、家事や子育ても一生懸命に取り組む事ができます。仕事よりも家庭を優先し、他の異性と浮気をする事は滅多にありません。

ただ、意外にもプライドが高く、自分の言う事が正しいと思ってしまう面もありますので、パートナーや子供への助言がキツい印象になってしまう事もあるかもしれません。木星人マイナスの人は、家族の事を大切にしているからこそ、ルールやしつけを通して、しっかりとした家庭を作ろうとしているのです。

なので木星人マイナスの方がパートナーにいる場合は、そのことを頭に入れておきましょう。

 

たまに大胆な行動をとることも

木星人マイナスの人は、基本的には真面目な性格で、ルールやマニュアルに沿って物事を進める点が、木星人プラスの人と共通しています。

ただ、木星人マイナスの人は、時々思い切って大胆な行動を取る事があり、フットワークの軽さや、真面目な印象とのギャップが、周りの人を驚かせます。木星人マイナスの人は、自分に課せられたノルマや目的を達成する事に全力を尽くしますので、その為にはどんな手段を選んでも良いと考えているのではないでしょうか。

例えば、結婚相手を見つけるまではとても時間が掛かっていたものの、「この人と結婚するぞ!」と一度決めたら、絶対にOKを貰うまでプロポーズをするでしょう。

仮に周りの人から「経済的にまだ安定していないから、結婚はもう少し待ったら?」と止められても、一度決めた事は絶対に達成しようと考える為、無理をしてでも結婚してしまうという可能性があります。

 

木星人マイナスと他の星人との相性について

木星人マイナスと他の星人との相性についてのイメージ
では次は木星人マイナスと他の星人の相性をみていきましょう。

木星人マイナスと木星人の相性は夢があると長続きする関係です

木星人マイナスと木星人は双方が同じ気質である事や、どちらかと言うと真面目でサポートに回る事が得意な2人になりますので、相性は基本的にあまり良くない組み合わせとなります。

決定的な問題があるわけではないのですが、逆に発展もしづらい木星人マイナスと木星人の関係は、ある程度年を重ねた後に穏やかな時間を過ごす事には向いていますが、お互いが若い場合は時間の浪費になってしまう事もありますので注意が必要です。

しかしどちらか一方に「大きな夢や希望がある」場合には、もう1人がサポートに回れる為に良い関係になれる事もあります。

 

木星人マイナスと火星人の相性は周りも含めたお付き合いをしましょう

木星人マイナスと火星人の相性は基本的に波乱のある組み合わせですが、木星人マイナスが火星人を理解してサポートしてあげる事で関係が改善される事が多いです。

この組み合わせは2人だけだと「変わり者」と「真面目な人」というどうにも混ざり合いにくい間柄なのですが、そこに友人や家族、子供などの第3者が入る事により、それぞれが他社に良い影響を与える事が出来るようになる不思議な相性をもっています。

ですので恋人やパートナーとこの組み合わせの場合は、2人だけの関係ではなく周りも含めたお付き合いをする事でご縁が長く続く事でしょう。

 

木星人マイナスと水星人の相性は結構大変な恋愛になりそうです

木星人マイナスと水星人の相性は基本的に良い関係を保つには条件のつく組み合わせです。

というのも木星人マイナスは真面目で家庭的、献身的な傾向があるのに対して、水星人は「我想うが故に我あり」といったようなどちらかというと自分ありきの考え方や行動が多い為、木星人マイナスがいつも振り回されてしまったり、疲れてしまう可能性があります。

しかし、それも含めて相手の個性と思う事が出来たのであれば、木星人マイナスの持つ献身さが力を発揮して、お互いになくてはならない存在へと変わる事でしょう。

 

木星人マイナスと金星人の相性は距離感が大切な関係です

どちらかというとインドアで家庭的な木星人マイナスと外に出歩く事が大好きな金星人の相性はなかなか接点が見つけられずに少し苦労するかもしれません。

どちらが良い悪いではなく気質の問題ですので、お互いで上手な距離感をもって相手を尊重する事ができるようになれば関係は長く続きます。

また、それぞれが没頭できる趣味を持つ事によってストレスが軽減して相手の本質に目がいくようになり、良い意味で大人の関係に発展する事でしょう。

ポイントは「自分の考えを押し付けない」ようにする事です。

 

木星人マイナスと土星人の相性は2人の世界を作る事でうまくいきます

木星人マイナスと土星人は気質が似ている為相性は基本的に良いと言えます。この2人の場合好きなものや考え方が近い為、出会いから交際に至るまでの期間が短い事が多く、その仲も他のカップルより「独特」であったり「親密」な傾向があります。

しかしこの組み合わせは閉鎖的な側面がある為に、2人の間に他の友人や家族、ライバルが入る事によって、いとも簡単に変化したり破局してしまう恐れがありますので、少し注意が必要です。

もし恋人やパートナーとこの相性なのであれば、うまく2人の世界を「作る」「続ける」「守る」という事をお互いに意識する必要がありそうです。

 

木星人マイナスと天王星人の相性は理想的な関係になれそうです

穏やかな木星人マイナスと華やかな天王星人はお互いが惹かれ合い相性は理想的な組み合わせと言えます。

特に木星人マイナスが天王星人に一目惚れする事が多く、恋人やパートナーになった後にも献身的に尽くしたりする傾向が強い組み合わせです。

これはロマンチストな天王星人に木星人マイナスが「自分にない感性」を感じて惹かれる為であり、お互いの役割やバランスが無理せずとも整い決まっている為、結婚して夫婦になった場合でも良い家庭を築く事ができる可能性がとても高い相性となります。

 

木星人マイナスの人に気をつけて欲しい「人生の落とし穴」

注意すべき点のイメージ
そんな木星人マイナスの人が気を付けるべき点があります。実際に見てみましょう。

ルールに厳しすくしすぎない

木星人マイナスは、組織や団体において、ルールに則って行動する真面目な性格の人が多い運命星です。例えば学生時代を振り返ってみても、「校則違反で先生に注意された事は無いかも…!」という人もいるかもしれません。

むしろ、規則違反をしている人がいないかを厳しくチェックしたり、約束事を破る人に対して注意をする、監督者のようなポジションにいる事が多いでしょう。

いわゆる「優等生タイプ」である木星人マイナスの人は、上司や学校の先生など、目上の人から気に入られる存在です。周りの人からは地味だと思われているかもしれませんが、見えない所でコツコツと努力を重ねていますので、仕事や勉強において優秀な成績をおさめる事が出来るでしょう。

ただし、木星人マイナスの人が陥りやすい人生の落とし穴として、人に対して厳しい態度を取ってしまう事があります。

「これはこうなんだ!」と、ルールとして定められた事は絶対に守りますが、その厳格な性格が原因で、周りの人から「真面目過ぎて、ちょっと怖いよ…」と言われる事が多いのではないでしょうか。

ルールを守る事は大切ですが、木星人マイナスの人は、もう少し周りの人の反応を伺いながら、丁寧な指導をすると良いでしょう。

 

自分の考えを押し通し過ぎない事

木星人マイナスの人は、プライドが高い点も特徴です。真面目な自分の性格を理解しており、着実に仕事を進める事も出来ている為、自分のスキルに自信を持っています。その反面、自分の価値観や言動を否定されると、プライドを傷つけられたと感じ、とても落ち込んでしまいます。

基本的には人と対立する事が少ないのですが、「自分の考えが正しい!」という確固たる自信を持っている為、もし喧嘩してしまうと、自分の価値観を無理矢理にでも押し通してしまい、相手に謝られるまでは頑固な態度を取ってしまう事がありそうです。

自分に自信を持てる点は魅力的ですが、木星人マイナスの人は、もう少し幅広い視野で物事を見つめ、周りの人の意見にも耳を傾けるようにしましょう。

他の人の意見を聞き、「そういう考え方もあるんだ!」という発見が出来れば、新しい切り口で物事を考えたり、より円滑に仕事を進める事が出来るはずです。

 

木星人マイナスの2020年の運勢について

木星人マイナスの2020年の運勢についてのイメージ
では最後に六星占術における木星人マイナスの今年(2020年)の運勢についてお話しします。

今年(2020年)の大殺界は誰?

今年(2020年)の大殺界(霊合星人を含む)は

  • 土星人マイナス(減退)
  • 水星人プラス(停止)
  • 水星人マイナス(陰影)

になります。

そして今年(2020年)中殺界なのは

  • 天王星人プラス(乱気)


さらに今年(2020年)に小殺界なのは

  • 火星人マイナス(健弱)

になり、木星人マイナスの人は該当しませんので安心してください。


※ 大殺界や中殺界、小殺界については以下の記事で詳しくお話ししています


 

今年(2020年)の木星人マイナスの運勢とは

2020年の木星人マイナスの運勢(運命周期)は「財成」です。

これは12周期で巡る運勢の8番目の年で、財を成す事に縁の深い年になります。「財成」は季節でいうと「実りの秋の収穫期」ですから、今まで頑張ってきた物事の結果が現れる一年になります。この時期は特に財運が絶好調ですので、大きく稼ぐならこの一年に掛けてみると良いでしょう。

しかし、人間関係においては「別れがある」かもしれませんので、それを防ぐためには、自分の為ではなく、人や世の中にとって良いお金の使い方を心がける事により、愛情に関しても順風満帆な一年になりますのでぜひ覚えておいてください。

 

木星人マイナスの運勢早見表

木星人マイナスの近年の運勢周期は以下になりますので参考にしてください。

2010年 陰影(大殺界1年目)
2011年 停止(大殺界2年目)
2012年 減退(大殺界3年目)
2013年 種子
2014年 緑生
2015年 立花
2016年 健弱(小殺界)
2017年 達成
2018年 乱気(中殺界)
2019年 再会
2020年 財成
2021年 安定
2022年 陰影(大殺界1年目)
2023年 停止(大殺界2年目)
2024年 減退(大殺界3年目)
2025年 種子
2026年 緑生
2027年 立花
2028年 健弱(小殺界)
2029年 達成
2030年 乱気(中殺界)

 

さて今回は「木星人マイナス」の人がどんなタイプと相性が良いのか、性格や相性や恋愛傾向・運勢についてお伝えしました。

木星人マイナスの人は、定められたルールや約束事を守って行動する事が出来る為、周りの人からは真面目な姿勢が評価されています。また人の為に尽くす事も出来ますので、ボランティア活動や家族サービスに熱心な人が多いのではないでしょうか。目標やノルマを達成する為に、時には思い切った行動をしてしまう点も、木星人マイナスの人の特徴です。

しかしその反面、規則違反をした人への注意が厳しくなってしまったり、「これはこういうものなんだよ」という風に、頑固に自分の考えを押し通してしまう事もあるかもしれません。

少々無理をしてでも目標に向かう姿勢や真面目な人柄は周囲からの信頼を集めることに繋がりますが、あまりにストイックすぎると取っ付き難い人という印象になってしまうので注意が必要です。

そして、木星人マイナスの人は自分の気持ちを素直に表現できないあまのじゃくなタイプも多いので、人を許す気持ちや、仲間と楽しく過ごす気持ちのゆとりを持つことをおすすめします。

これらを踏まえると、木星人マイナスの方との付き合いが楽しくなるに違いありません。


六星占術の他の星人の性格や恋愛傾向・相性・運勢などは以下のページからご覧ください。



あなたの好きな人は本当に運命の人?

98%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!

あなたのが選んだ誕生月などの情報をもとに導き出される。『月読み誕生日占い』が大好評です!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も 自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かも、いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定中≫

『今後の運勢』知りたい方!今だけ『無料鑑定』を体験下さい!


連記事

コメントをお書きください

タイトルとURLをコピーしました