簡単で効果的に瞑想を行う、5つのステップ

簡単で効果的に瞑想を行う、5つのステップ
近年、注目される「瞑想」。海外では以前から実践してる人も多く、近年日本でも注目されてきています。

成功者と呼ばれる著名人にも、瞑想を取り入れていると公表している人が多くいます。スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、イチローなどが有名です。

瞑想=メディテーションともよばれるこの静かなエクササイズを定期的に行う事で、日々のストレスが緩和されるでしょう。また瞑想は、集中力を高め、快眠を導くことも科学的にも証明されていますので、仕事や学習などの能率アップにも効果的です。

今日はこの瞑想を、簡単で効果的に行う、5つのステップについてお伝えします。



 

簡単で効果的に瞑想を行う、5つのステップ

 

その1: 椅子に楽に座ります

なるべく音の少ない、人に邪魔されない場所で静かに椅子に座ります。

このとき、姿勢はなるべくまっすぐに。血行や「気」の流れがよくなります。横になってもいいのですが、慣れない人はそのまま眠ってしまうので、なるべく座るのがいいでしょう。

姿勢は両足をつけて、またはあぐらの状態でもよいでしょう。体に力が入っているようなら、ブラブラと動かしてリラックスしてください。静かに膝の上においた手のひらを上に向けることで、宇宙からのエネルギーが受け取れるでしょう。

時間は朝か寝る前、どちらかなら、朝の方がいいでしょう。1日あったことが頭にたくさんたまっている夜よりも、朝の方が雑念が少なくゆっくり瞑想できるからです。

1回15分を目安にしてみましょう。最近はスマートフォンのアプリでも、瞑想のためのものがありますので、それを利用してもいいかもしれません。

自宅で瞑想する場所や時間がとれない場合は、車の中で5分、慣れてしまえば電車の中でも可能です。

 

その2: 目を閉じます

静かに目を閉じます。時間を見るために時々目をあけてもかまいません。少し目を開けて見えるところに時計を置いてはじめてもいいでしょう。

また、瞑想を誘導するCDなどもありますので、その曲の時間で瞑想のタイムを計ってもいいでしょう。自分の好きな音楽でもかまいませんが、歌詞がないものを大きすぎない音量で聞きましょう。そしてそっと目を閉じます。

 

その3: 鼻から息を吸い、口からゆっくりと吐きます

目を閉じたら、今度はゆっくりと大きく鼻から息を吸います。ストレスが多くなると息が浅くなってきます。胸のつかえや軽い不整脈は、呼吸を整えることで改善することが多くあります。

まずはゆっくりしっかり息を吸い込みましょう。ゆっくり息を吸いこんだら、次に口からゆっくりと吐いていきます。

この時、細いストローに息を吹き込むイメージでゆっくりゆっくり息を吐いていきます。口呼吸が習慣になってる人は、鼻から息を吸うことがうまくいかないかもしれません。

うまくいかない場合は、はじめは口から吸ってもかまいません。まずは「細くゆっくり吐くこと」を意識して始めて見てください。だんだんうまくできるようになります。

 

その4: 出てきた雑念を観察する。やがては無の境地に

ゆっくり呼吸に集中して、呼吸を続けているうちにいろいろな雑念が浮かび上がってくると思います。目指すは、「無」の境地ですが、いろいろな想念が出てくるのはかまいません。

出てきた情景や感情をただ「眺める」こと。もしかしたら許せないこと嫌なこともでてくるかもしれません。意識的に深くゆっくり呼吸しながら、その情景を手放すようにしてください。

どうしても手放せない時は、竜を登場させてそのシーンを食べてもらいましょう。竜は笑ってその場を泳ぎ去るでしょう。そしてまた「無」の境地に。

 

その5: ゆっくりと目を開け、手足を少し動かしてから立ち上がります

瞑想の時間が終わったら、ゆっくりと目を開けます。少しまぶしく感じるかもしれません。そして少し手足を動かしてから立ち上がります。

いきなり立ち上がると瞑想状態がうまく解除されず頭がボーっとすることがありますので、自分の意識を体に、手に足に感覚を戻してから瞑想を終わります。

この「意識を体の感覚として戻す」ことで、スッキリし瞑想の効果を上げることができます。

 

如何でしたか?

今日お伝えした、簡単で効果的に瞑想を行う、5つのステップで、瞑想中に「魔境」と呼ばれる神秘的な体験をすることがあります。

神様などが出てきて、お告げや予言や、おせっかいなことを言ったりするのですが、これは自分の内側から出てきているものです。誰にでも起こりうるもの、特別な神秘体験ではありません。

ただ眺め瞑想を続けるようにしてください。瞑想は「無」の境地を求めるもの。「無」の中に特別な癒しがあります。自分自身の心と体の健康のため、ぜひ生活の中に瞑想を取り入れてくださいね。

この記事が少しでもあなたのお役に立ることを願っています。

 

まとめ

簡単で効果的に瞑想を行う、5つのステップ

その1: 椅子に楽に座ります
その2: 目を閉じます
その3: 鼻から息を吸い、口からゆっくりと吐きます
その4: 出てきた雑念を観察する。やがては無の境地に
その5: ゆっくりと目を開け、手足を少し動かしてから立ち上がります