唇にほくろやシミができやすい人の特徴と4つの対処法

唇にほくろやシミができやすい人の特徴と4つの対処法
唇にほくろやシミができて、こんなところにまで?とびっくりしたり、綺麗な唇のはずがほくろやシミって…と落ち込んだことがある人もいるでしょう。

ほくろやシミは黒いため、どうしても目立ってしまいます。綺麗な肌に憧れる女性としては、ほくろやシミは本当に嫌な存在ですよね。唇にあるほくろやシミもセクシーだという意見もあるので絶対に嫌だとか、悪いわけではないです。

しかし、何かの病気?皮膚がんではないの?と不安になることもあるでしょう。また、皮膚のほくろやシミに比べ、唇にほくろやシミがある人は少ない印象があり、余計に不安になります。そこで今回は、唇にほくろやシミのできやすい人の特徴と4つの対処法についてお伝えします。



 

唇にほくろやシミができやすい人の特徴と
4つの対処法

 

1.日焼けをしている人


唇にほくろやシミができる理由として、日焼けがあげられます。ほくろやシミは紫外線のダメージにから守るために作られるメラニン色素が原因です。特に唇は、皮膚に比べて表皮が薄いため、紫外線のダメージは受けやすいです。

紫外線のダメージを受けやすくメラニン色素が作られやすいため、唇にはほくろができやすくなります。普段から、アウトドアなどで日焼けしている方はもちろん、普段の生活でも私たちは紫外線を浴びています。室内でも窓から紫外線は入ってくるといわれています。

なので、紫外線のダメージから守り唇にほくろやシミができるのを防ぐためにも、UVケア入りのリップを使い、UVケアをしっかり行いましょう。

 

2.唇を噛んだり、なめたりする癖のある人


唇にほくろやシミができやすい人の特徴として、唇を噛んだり、なめたりする癖のある人があげられます。唇は表皮が薄いことはお伝えしました。表皮が薄いということは、外的な刺激も受けやすく乾燥しやすいということです。

また、人は生活していく中で物を食べたり飲んだりします。そのたびに唇に刺激が加わっているため、荒れやすい状況にあります。そのため、唇にほくろやシミができやすくなります。唇にほくろやシミを作らないためにも、唇を噛んだり、なめたりする癖のある人は注意しましょう。

また、唇を噛んだり、なめたりする癖は実はストレスが原因で、無意識にやってしまっていることもあります。もし、ストレスなど心当たりのある人は別のストレス発散方法を考えてみることも大切です。

 

3.そもそもほくろが多い体質の人


次に唇にほくろができやすい人の特徴として、もともとほくろやシミができやすい体質であることがあがります。唇にほくろがある人は、唇に限らず体のあちこちにほくろがあるということが多いです。

これは、紫外線を浴びた時に、メラニン色素が作られやすい体質であるということ。メラニン色素は紫外線から体を守ろうとして作られる物質です。元々色の白い人などは、肌を守るためにメラニン色素を作りやすいです。

本来、生成されたメラニンは肌のターンオーバーと共にはがれ落ちますが、何らかの原因でターンオーバーがうまくされていないと、メラニンが肌にとどまった状態になります。これがほくろやシミの正体です。なので、元々ほくろやシミが多い人は、必然的に唇にもほくろやシミはできやすくなります。

ほくろやシミのできやすい人はとくに、お肌のターンオーバーがスムーズに行えるようにしましょう。ターンオーバーを妨げる原因として、自律神経の乱れや生活習慣の乱れがあがります。眠っている間に、新陳代謝が行われお肌のターンオーバーが行われます。

特に22時から2時までは、お肌のゴールデンタイムといわれます。この間はできるだけ眠っているようにしましょう。また、便秘に気を付け、ストレスを溜めないなど日常生活にも気を配りましょう。

 

4.口紅などのクレンジング不足の人


唇にほくろやシミができやすい人の特徴として、唇のクレンジング不足があがります。口紅のクレンジング不足は、口紅に含まれる成分が紫外線に反応することにより、色素沈着を引き起こす可能性があります。色素沈着を引き起こした結果、唇にほくろやシミを作ってしまいます。

なので、クレンジングの際にはきちんと口紅も落としましょう。また、乾燥も唇にほくろやシミを作りやすくなります。日中にリップを塗ることと同じように、夜寝る前にリップを塗るなどし、保湿に努めます。さらに冬場など特に乾燥しやすい時期には唇パックをするなどし、保湿を心がけることが大切です。

 

唇にほくろができやすい人の特徴についてお伝えしましたが、いかがでしたか。唇って、皮が薄いため思っているよりもデリケートなものだったのです。お肌の日焼け対策はバッチリでも、隠すことの難しい唇は日焼けしやすいのにも関わらず、ほったらかしって人いたかもしれません。

また、人の心理状態などは口の動きに現れやすいので、知らず知らずのうちに唇に異常に力が入っていたり、摩擦を加えているということ。唇を噛むなどは代表的なストレス行動のサイン。やはりストレスなど精神的にも調子を整えていくことも、お肌や唇のケアには大切であるということです。

また、危険なサインとしてほくろやシミではなく皮膚がんであることもあります。突然大きく成長したり、いびつなほくろやシミがあればすぐに皮膚科へ受診してくださいね。お肌や唇はもちろん、心の調子も整え、綺麗な女性を目指してくださいね。

 

まとめ

唇にほくろやシミができやすい人は、

1.UVケアをしっかりと行おう
2.ストレスを対処し、唇を噛んだり、なめたりするのはやめよう
3.ほくろができやすい体質の人は特に注意しよう
4.唇のクレンジングもしっかりしよう

あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。当たると評判の占い「ご先祖占い」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は、『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!

仕切り線
仕切り線