【九星気学】六白金星と8つの運命星との相性

【九星気学】六白金星と8つの運命星との相性
九星気学における六白金星は、昭和33年、42年、51年、60年、平成6年生まれの人が該当します。九星気学では占いの一種で、生まれた年によって決まる9つの本命星で自分の性格や他の星の人との相性がわかると言われています。

六白金星の人は、リーダーや指導者の立場に合う人が多いのですが、一方で人見知りの一面も持ち合わせています。負けず嫌いなで努力家なので、粘り強い努力で指導者の地位まで自力で登りつめるというタイプの人なのです。占いと言えば、気になるのが他の本命星の人との相性ですよね。

円滑な関係を築くために仕事や恋愛で六白金星の人がいる人や自分が六白金星の人は相手と接する時に相性を意識してみましょう。そこで、六白金星以外の8つの運命星の人との相性についてお伝えします。

一白水星との相性

一白水星の人は器が大きいという特徴を持っているため、人見知りなのにリーダーシップをとりたがり、負けず嫌いのところもあるという複雑な性格を持った六白金星の人も大きな度量で受け入れてくれます。

そのため、相性自体は決して悪くないのですが、一白水星の人はあまり積極的な人ではありませんから、二人は出会いがあってもお互いに交わろうという風になりません。しかし、どちらかが話しかければよい関係性を築けます

 

二黒土星との相性

二黒土星と六白金星の人は性格が似ているので一度仲良くなるとうまくいくのですが、二黒土星の人は石橋を叩いて渡るような慎重なタイプですから、簡単にお友達になりましょう、という風にはいかないのがネックです。

一方、六白金星の人はプライドが邪魔して自分から相手にアタックしようとはしませんし、飽きっぽいところがありますから、二人の中が深まる前に六白金星の方が飽きてしまい仲が深まらないということになることもあります。

 

三碧木星との相性

三碧木星と六白金星の相性はあまりよくありません。と言うのは、そりが合わないのです。三碧木星の人は臨機応変にその場にいる人と仲良くなれるタイプの八方美人です。しかし、六白金星の人は生真面目であまり派手な事を好みません。

学校で明るいクラスの中心的な人と、裏番長の相性があまりよくないのと同じなのです。あくまでも表面上の関係を保つ程度の中になりそうです。

 

四緑木星との相性

四緑木星と六白金星の相性は悪いと言われています。四緑木星の人は協調性があるがゆえに、自分の考えや意見をあまり言わずにその場を丸くおさめようとします。

しかし、六白金星の人は相手の真意がわからないと信用できないという風に考えるため、二人の仲は深まりにくいのです。四緑木星と六白金星の人が付き合うとしたら、お互いに本音で語り合わないと関係を長続きさせるのは難しいです。

 

五黄土星との相性

五黄土星と六白金星の二人はプライドが高くあまり社交的ではない点は似ています。大きく違うのは五黄土星の人が一つのことに熱中すると一極集中になってしまうタイプの人だということです。

そのため、六白金星の人から五黄土星の人に声をかけることはあまりありませんが、逆はあり得ます。五黄土星の人が六白金星の人に目を付けて二人がタッグを組めば、周囲の人がよりつけないくらいに二人の世界を作ってしまうので面倒な二人になる可能性があります。

 

七赤金星との相性

七赤金星の人は社交的で人見知りを一切しない明るいタイプです。そのため、どちらかというと陰気なタイプの六白金星の人とは両極端なタイプで相性は良いとは言えません。

しかし、両極端な二人だからこそお互いに補えることもあります。七赤金星の人が粘り強く六白金星の人に声をかけて中を深めさえすれば、異性の場合は夫婦やカップルとなることもありえないことではありません。

 

八白土星との相性

八白土星の人は六白金星の人と非常に正確が似ています。六白金星の人と同じで真面目で派手な事は好みまないタイプです。お互いコミュ力が高いとは言えないタイプですが、相性がよいがゆえに出会うと自然と打ち解けてしまうのです。

八白土星と六白金星の二人は、一緒にいて疲れない、お互いに魅力を感じあえて共感もできる貴重な存在になります。

 

九紫金星との相性

九紫金星の人は六白金星の人と異なり、自分からアプローチできるタイプの人です。そのため、六白金星の人と仲良くなることも十分あります。しかし、九紫金星の人は外見重視の人が多いため、ネームバリューやブランド志向の九紫金星の人を六白金星の人があまりよく思わないこともあり得ます。

六白金星の人からすると浅はかな九紫金星の人とは長く付き合う気になれないため、この二人の相性はあまりよくないと言えます。

 

六白金星の人は、負けず嫌いで仕事の能力はある自頭がよいタイプの人が多いですが、プライドが高く、寡黙なために自分を売りだしたり良く見せるパフォーマンスは苦手です。その分、明るく周囲の人全員にふるまうことができる運命星の人とはそりが合いません。

一方、六白金星と似たタイプの運命星の人は、六白金星と同じで人見知りであるために、仲良くなるには基本的に時間がかかります。どちらかが粘り強く相手に連絡を取ったり声をかけない限り、関係はすぐに切れてしまうので、結果的に友達が少ない状態になってしまいます。

もし、周囲に六白金星の人がいたら、とっつきにくいと感じるかもしれませんが、粘り強く話しかけてあげましょう。これまで気づかなった魅力を発見できて、仲良くなれる可能性は十分にあります。

まとめ

六白金星と他の運命星との相性とは

・一白水星とは相性がよいが交流する機会がない
・二黒土星とは似た者同士だがじっくり仲を深める
・三碧木星は八方美人なので好みのタイプではない
・四緑木星とは相性が悪いので意思疎通をしっかりと
・五黄土星とはうまくいけば面倒な二人になるかも
・七赤金星とは両極端だがお互いを補えることもある
・八白土星とは相性バッチリですぐに通じ合える
・九紫金星とは関係に格差が発生することがある

タロットカードでわかるあなたに待ち受ける“運命日“

あなたの運命や人生の転機は、あなたが選んだカードでわかります。今、当たると話題の「マナ・タロット」では、これから起こるあなたの未来を大予言!どうすればあなたが幸運へと導かれるかを教えてくれます。

凄腕の鑑定師が個別に作成してくれる鑑定結果メッセージがあなたの運命を切り開いてくれるでしょう!

平成はもうすぐ終わりを迎えます、この機会に是非お試し下さい。

連記事
タイトルとURLをコピーしました