気の迷いをなくして・心をプラスへ導く9つの方法

気の迷いをなくして・心をプラスへ導く9つの方法

かのシェークスピアの格言にあるように、私たちの人生は選択の連続です。言い換えれば、選択に伴う気の迷いの連続でもあります。

迷うことは決して悪いことではありませんが、あまりにも自分自身の心にダメージを与えてしまったり、あまりにも長い時間を費やしてしまったりすると、私たちの運気そのものが下がってしまいます。

ここでは、気の迷いをなくして心をプラスへ導く9つの方法をご紹介します。

なかなか迷いが晴れない方や決断を後回しにしてしまうという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

気の迷いをなくして
心をプラスへ導く9つの方法

 



 

その1: 溜め込んでいるものをアウトプットする


まずは、迷っていることについて心や頭に溜め込んでいるものをアウトプットしてみましょう。なぜ迷っているのか、選択肢には何があるのか、決断した後には何が待っているのか……思い浮かぶことを紙に書き出してみるのがおすすめです。

最初はメモのような殴り書きでかまいません。集中して書き出していくうちに自分自身のこだわりやキーワードが明確になり、気の迷いの原因が分かるようになります。

 

その2: 肩の力を抜いて考える


私たちはいつも、無数の選択を積み重ねて生活を送っています。

それは、今日はどの服を着るかランチには何を食べるかなどの日常生活の選択から、人生の重要な選択まで様々です。今迷っている問題もその無数の選択の中の一つと考えて、肩の力を抜いてみましょう。

どんな選択をしたとしても人生が終わってしまうわけではなくこれからも続いていく……そう考えれば、心が自然とプラスへ導かれていくでしょう。

 

その3: 自分がハッピーになるように考える


他の人にどう思われるだろうか、他の人ならどうするのだろうか……周囲との調和を気にする方はこのように考えがちですが、気の迷いが生じた時は「自分」を中心に考えてみましょう。

ある決断の結果、自分がハッピーになれるかどうかを判断基準に考えれば、自分にとって最悪の事態には陥らないはずです。

幸せになる・楽しくなることが目標ですので、迷うことすらポジティブに捉えることができるでしょう。

 

その4: 経験値を増やすために動いてみる


いろいろ迷っている時には「いい経験をするつもりでやってみよう」と割り切れば決断できることもあります。

このまま何もしないでいるよりも人生の経験値を増やすほうが自分のためになると考えることができれば、積極的な決断をするようになります。

いくら考えてみても将来がどうなるか確実に知る方法はありませんが、その将来のために経験を積むことは、確実に自分の財産になります。

 

その5: 自分に恥ずかしくないか考える


気の迷いが生じて悩んでいる時は、自分だけではなく家族や友達、会社の同僚や恋人など第三者が深く関係している場合も多いでしょう。

親しい人が関わる場合の選択は特に心の迷いが多くなり、感情的になってしまいます。

そんな時は、その選択肢を選ぶことが自分自身に胸を張れるかどうか考えてみてください。自分自身に恥ずかしくないか冷静に問い掛けてみることが大切です。

 

その6: リミットを決める


長い間悩んでいると、堂々巡りになってしまって時間だけが経ってしまうことが多くあります。慎重に考えることができるのはステキな長所ですがが、せっかくの運気をつかむチャンスを逃してしまう場合もあります。

そんな方は、自分の中で「気の迷いのリミット」を決めてみてください。締め切りまでには考えをまとめてハッピーになろうという、ポジティブな気持ちになれるはずです。

 

その7: 気の迷いのクセを自覚する


いつも同じようなことで同じように悩んでいる……と気がついた時は、それを自分の「クセ」であると自覚しましょう。

気の迷いが自分の性格からきていると考えると、それを変えるのは難しいと感じるかもしれません。悪いクセもある意味習慣ですから直すのは容易ではありませんが、早めに自覚すれば止めようと努力することはできます。

性格を変えるというよりは、悪いクセをやめると考えるほうが楽になれるでしょう。

 

その8: 後悔がないように行動する


気の迷いは、自分の決断が間違っていたらどうしようという心配によって生じることが多いと思います。

けれど、私たちが経験できるのは選択の結果による一つの道だけ……ならば、この道を選ばなかったら後悔すると思う道を選ぶように行動しましょう。自分自身に何かひっかかるところがあるなら、それは後悔の種になるということです。

後悔がないように、自分に正直になることが心をプラスに導きます。

 

その9: 自分の決断をほめる


ある決断をするとき、それに伴うリスクや困難を覚悟することは、自分の決断を信じることでもあります。最初は苦労したとしても、自分の決断を信じ必ずハッピーになれると思って行動することで心がポジティブになります。

気の迷いをなくすことができるのは、自分自身による決断のみです。そのような決断をした自分自身を「よくやった」とほめてあげましょう。

 

繰り返しますが迷うことは悪いことではなく、それだけ自分自身を大切に思っているということです。

その気持ちが運気の停滞や低下につながらないように、この9つの方法を使って心をプラスに導くことをおすすめします。

 

まとめ

気の迷いをなくして・心をプラスへ導く9つの方法

その1: 溜め込んでいるものをアウトプットする
その2: 肩の力を抜いて考える
その3: 自分がハッピーになるように考える
その4: 経験値を増やすために動いてみる
その5: 自分に恥ずかしくないか考える
その6: リミットを決める
その7: 気の迷いのクセを自覚する
その8: 後悔がないように行動する
その9: 自分の決断をほめる

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線