片思いでいるのが辛い!諦めるタイミングとは?

片思いでいるのが辛い!諦めるタイミングとは?
片思いの辛い経験は、誰しも一度はありますよね。しかし、片思いは好きな人と付き合う以外にゴールを見つけることが難しく、相手に冷たくされたりして望みがないとわかり始めてもどのタイミングで諦めるべきか自分で判断をくださなければいけないのが辛いところです。

しかし、実るはずのない恋に対して時間を費やすのはもったいないですし、後々になってみると、しかるべきタイミングで諦めた方が必要以上に片思いで辛い思いをせずに済みますから結果的に後悔しないのです。とはいえ、自分の気持ちと裏腹な判断をくだすには、そのタイミングの見極めが難しいものです。

そこで、片思いでいるのが辛い人に参考にしてほしい、好きな人への気持ちを諦めるタイミングを6つお伝えします。



 

片思いでいるのが辛い!
諦めるタイミングとは?

 

返事が来ない


片思いの相手に連絡をしても返事がなかったり、返事が返ってくるのが遅いと「自分のことなんてなんとも思っていないのかな」と不安になりますよね。一度や二度であれば、相手が忙しい可能性が否めませんが、毎回ともなると相手にその気がない可能性が高いでしょう。

とくに、自分以外の人には返事がすぐに返ってきているということが判明したら、相手が好意を察してワザと返事をしていない可能性もあります。この場合は、片思いでいるのが辛いですから、諦め時と言えます。

 

異性を紹介してと言われる


片思いの相手と仲が良く、複数人で会ってよく食事や飲み会に行く間柄の場合、両想いになる見込みがあるかもしれないと思いますよね。しかし、どんなに仲が良くても「合コンしてよ」とか「誰かかわいい女の子紹介してよ」など、異性を紹介して欲しいと頼まれたら、自分は恋愛対象から外されている可能性が高いです。

仮に、相手が自分に少しでも恋愛対象としての可能性を感じていれば、そのようなことは言いません。片思いなのに辛いかもしれませんが、このような発言をされたら諦めるタイミングです。

 

約束を先延ばしにされる


合コンで出会った相手や飲み会で仲良くなった相手と連絡先が交換できたら嬉しいですよね。つい、有頂天になってしまってデートに誘っちゃおう!と考える人は多いのではないでしょうか。しかし、ここで一度決めた日程を変更されたり、「忙しい」と言って約束を先延ばしにされたら、相手にその気がない可能性が高いです。

「忙しいなら仕方がない」とか「やむを得ない事情があるのかも」と思いたくなる気持ちはわかりますが、いくら仕事が忙しくても、相手も好意を持っているなら無理をしてでも約束をするはずです。そのまま相手を思い続けていても、片思いは辛い状況が続きますから、早々に諦めることをおすすめします。

 

自分だけが尽くしている


片思いの相手に喜んでもらいたい、喜んでくれれば自分のことを好きになってくれるかもと思ってしまっている女性は要注意です。相手も同じくらい自分に尽くしてくれればよいのですが、自分ばかりが相手に尽くしているなと感じたら、その片思いは諦め時かもしれません。

片思いはただでさえ辛いものです。さらに金銭的や精神的に相手に尽くしてしまうとむなしくなります。相手も自分に好意があるのであれば、尽くしてもらうばかりでは居心地が悪いはずです。相手が尽くされることに平気な態度なのであれば、その恋は見込みなしと考えましょう。

 

一方的な連絡


片思いの相手とは、LINEや電話をする仲だから両想いになれる可能性があると思っている人は、一度、その連絡をどちらからしているかを考えてみてください。もし、自分から一方的に連絡をしているのであれば、相手に「重い」と思われている可能性があります

男性も好意がある女性には自分から連絡するものです。自分ばかりが連絡をとる関係は、片思いですし辛い状況に陥る可能性が高いですから、諦める心の準備をした方が良いでしょう。

 

「他に好きな人がいる」と振られた


片思いの人に告白をして振られたとします。それでも諦めずに片思いを続けるのは辛いことですが、何度も告白して最終的に恋が実ったという話を聞くと自分も諦められないと思いますよね。しかし、振られる時の理由が「他に好きな人がいるから」の場合には、諦めることをおすすめします

例えば、友達として見てたとか、受験勉強で忙しいなどの理由であれば、将来的に気持ちが変わる可能性があります。しかし、相手も恋愛に興味があって好きな人がいるという事は、そこから自分のことを好きになってくれる可能性は限りなく低いのです。

 

如何でしたでしょうか。誰でも片思いは辛いものです。精神的に打たれ強い人であっても、好きな人が自分の方を見てくれないという事は、気持ちが満たされない状況がずっと続いているわけですから、精神的にかなりきついのです。また、仕事や受験などであれば、つらい状況がいつまで続くのかだいたい目途がわかっています。

しかし、片思いで辛い状況というのはいつまで続くのか見当がつきません。ですから、自分の心が折れてしまう前に成就する可能性がない片思いは諦めるのが賢明です。そのタイミングは、相手が自分のことを好きになる可能性が低いと判断できるシグナルが送られた時です。

今回お伝えした片思いを諦めるタイミングは、その一例です。相手にとられた言動で傷ついたり、凹んだ場合には、片思いで辛い状況が続くサインですので、諦めることも選択肢の一つだなと思っておいた方が良いでしょう。

まとめ

片思いが辛い人が諦めるべきタイミングとは

・連絡をしても返事がなければ脈なしと考える
・「合コンしてよ」は恋愛対象から外されている
・デートの予定をはぐらかされるのは拒否の証拠
・自分だけが尽くす関係は恋愛に発展しない
・自分から一方的に連絡を取ると重いと思われる
・告白に「他に好きな人がいる」と言われたらアウト

あなたの人生の転機・宿命知りたくないですか?

あなたの宿命や人生の転機は生年月日と血液型から分かります。当たると評判の占い「ご先祖占い」では、あなたの運命を良い方向へ導いてくれます。あなたに最適な鑑定結果をアドバイスしてくれます

スピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージが、あなたの運命を劇的に変えてくれるかもしれませんよ。

運命を知りたい・変えたい方は、『初回無料鑑定』で体験してみて下さい!

仕切り線
仕切り線