火星人マイナスと相性のよいタイプとは?性格・運勢・恋愛傾向を徹底解説

火星人マイナスと相性のよいタイプとは?性格・相性・恋愛傾向を徹底解説
性格診断を気にする人は多いですよね。そんな中でも、六星占術は私たちの生年月日から性格や行動パターンを占っています。六星占術は、生年月日から運命星を導き出し、その運命星にさらに干支によってわかる陰、陽、すなわち、マイナスかプラスを割り当てています。

運命星は6種類、それぞれプラスとマイナスに分けて合計12種類に分類されるので、より細かな運勢を当てることができます。もちろん、火星人の中でも火星人マイナスの人は、プラスの人とは恋愛や結婚運も異なっています。

となると、それぞれの星で長所と短所を知っておけば、人間関係が今よりもスムーズにいくこと間違いなしですよね。そこで今回は、六星占術における「火星人マイナスの人の性格の特徴・他の星の人との相性や運勢・恋愛傾向」について解説します。

火星人マイナスってどんな人?

感性を開放するイメージ
まずは火星人マイナスの人の性格の特徴についてお伝えしましょう。

※詳しい診断はこちらへ

占い計算ドットコム
占いの為の無料の自動計算サイト(2020年版)です。誕生日から六星占術の運命星(何星人?)、星座、厄年、ソウルナンバー、生後日数などを算出します。

火星人マイナスの人の特徴:一つの物を突き詰める

火星人マイナスの人は、たくさんの事をマルチにこなすというよりは、一つのことに集中するタイプです。自分が興味を持ったことについてはとことん集中して取り組むことができるので、その分野で他の人よりも突出した才能を見せます。

というのは火星人は「知恵の星人」と呼ばれていて、恋愛や仕事に真面目な一面を持っているのですが、自分の好きな事や興味のある事に関しても真面目に向き合い、知識を増やしていく為、「気が付いたらとても詳しくなっていた!」という事があるでしょう。

もしかしたら、とてもマニアックな趣味があり、時間を忘れて集中してしまうほど、その魅力に憑りつかれる事が多いかもしれません。

そのため、自分が好きな分野で職人気質を活かせる仕事に就くと、いい成果を残すことができますし、フラワーアレンジメントやアロマテラピーなど、趣味で始めたつもりのことが最終的に仕事になっているケースもあります。

 

火星人マイナスの人の特徴:直観が鋭い

火星人マイナスの人は、何を考えているかわからないような雰囲気を持っていますが、実際のところ何かを慎重に考えるということは苦手です。一方で、直感力には人よりも優れた才能があります。

そのため、ファッションデザイナーや画家、音楽家、芸能関係の仕事など、直感力がものをいう分野では才能を発揮します。

理論ではなく直感がさえているので、火星人マイナスの人は、芸術的なことに関しては学校や指導者から学ばなくても自分で勝手に才能を伸ばすことができます。

周りから見ると「あの人って少し変わってるよね~」と思われる事があるかもしれませんが、火星人マイナスの人は、そのような評判も気にならないほど、自分の好きな世界に没頭し、飽きるまで楽しんでいます。時には思い切って奮発したり、衝動買いをして周りの人を驚かせる事もあるかもしれません。

 

火星人マイナスの人の性格の特徴:対人関係は狭く深く

火星人は基本的に、対人関係を築く際は、相手に心情を打ち明けるまでに時間が掛かってしまう傾向があります。プライドが高い性格で、特に初対面の人と話す時には緊張してしまったり、警戒心を抱く事があるのではないでしょうか。

火星人マイナスの人は、自分の事は人に知られたくないものの、相手に対しては「この人はどんな人で、今は何を考えているのかな…?」と、本質を見極めようと観察する癖があります。その反面、相手がどんな人であるのかが分かり、警戒心が無くなると、すぐに距離を縮めて仲を深めるでしょう

また一度仲良くなった人とは、何十年も長い付き合いをする事ができるのも特徴です。 火星人マイナスの人はおそらく、友達の数は少なくとも、一人一人との絆や、付き合いの長さを大切にしているはずです。

 

火星人マイナスの恋愛傾向、恋のパターン

火星人マイナスの恋愛のイメージ
では、そんな火星人マイナスの恋愛について解説していきましょう。

火星人マイナスの恋愛傾向:とにかくモテる

火星人マイナスの人は周囲から「何を考えているのかわからない」とか「真意がつかめない」と思われることが多く、つかみどころのない人だとされることが多くあります。とはいえ、嫌われることはあまりなく、むしろ異性にはモテることが多いのです。

異性はミステリアスな火星人マイナスの人に翻弄されます。しかし友達を作る時と同じように、初めは異性に対して警戒心を持つのですが、一度付き合うと、順調に交際ができますし、相手を信頼して心を開く事もできるでしょう。

ただし、火星人マイナスの人は関係が終わっても恨まれることはあまりありません。恋愛が絶えず、トラブルになりにくいというのは火星人マイナスの人の長所です。

 

火星人マイナスの恋のパターン:だらだら付き合ってフラれる、浮気をしてしまうことも

火星人マイナスの人の恋愛の注意点は、結婚運や子供運があまり良くない点にあります。

基本的には異性からモテる運命星ですので、「パートナーが見つからない…」という悩みは少ないでしょう。ただ、好きな人が出来たとしても、距離を縮めるまでに時間を掛けてしまいます。そして、いざ付き合ったとしても、ダラダラとお付き合いを続け、振られてしまう事もあるのではないでしょうか。

火星人マイナスの人は、真面目な性格であるにも関わらず、時にはフィーリングや、その場のノリで好みが変わってしまう事もある為、結婚しても、浮気をしてしまう人が多いと言われています。

また、火星人マイナスの人は、子供に恵まれない人生傾向があると言われています。もし子供を授かったとしても、親子関係が上手く行かず、喧嘩になってしまったり、子供がアクシデントに巻き込まれる事があるかもしれません。

火星人マイナスの人はあまり結婚運や子供運が良くないので、恋愛・結婚をする際には普段以上に慎重になりましょう。

 

火星人マイナスと他の星人との相性について

火星人マイナスと他の星人との相性についてのイメージ
では火星人マイナスの恋愛について知って頂いたところで、次は火星人マイナスと他の星人との相性についてお話します。

火星人マイナスと火星人の相性は良い距離感を作れれば◎

火星人マイナスと火星人の相性はお互いが強いエネルギーを持っているものの、火星人マイナスの依存心が良い意味で働いて、やや落ち着いた組み合わせとなります。

波長が合う時には何をするにも一緒に燃え上がり全てがうまくいくと共に、仲が悪くなると情動的に関係を断ち切ってしまったりと浮き沈みや少しあるものの似た者同士でもある為、お互いを理解する事はそんなに難しくないはずです。

特に火星人マイナスの人は変わり者が多いですので、お互いがある程度の距離感を保って好き勝手にやっている事が長続きする為には必要な事となるでしょう。

 

火星人マイナスと水星人の相性はあまり情熱的にならない相性です

火星人マイナスと水星人の相性は基本的に良い関係ではあるものの、あまり情熱的な恋愛や結婚とは縁遠いかもしれません。

というもの、感情や感覚で物事を決める火星人マイナスに対してやや計算高い傾向のある水星人が水を挿すような出来事が多々あるからです。それも含めて相手の事を思いやる事が出来たり理解する事が出来るのであれば、将来を見据えたお付き合いをするのに最適なパートナーとなるでしょう。

ただしこの組み合わせは良くも悪くも「お金の出入りが激しい組み合わせ」である事は理解しておいてください。

 

火星人マイナスと木星人の相性は波乱続きの関係です

マイペースな火星人マイナスとややお堅い傾向のある木星人の相性は基本的に波乱のある組み合わせとなります。

この2人が良い関係を保つためには、火星人マイナスの人は「遅刻をしない」「常識を重んじる」、そして木星人の人は「寛容な心を持つ」「たまには冒険してみる」というお互いに取って試練ともいえる事柄をクリアする必要があります。

これを「無理」ととるのか「面白い」と捉えるのかで2人の未来は大きく変わっていきますので、よく話し合ってお互いを高めていく事を意識しておきましょう。

 

火星人マイナスと金星人の相性は価値観は違うが悪くはない

クリエいいティブな気質を持った火星人マイナスと行動派で自由を好む金星人の相性は基本的に良い組み合わせと言えます。この2人の組み合わせは、出会ってすぐに息統合、しかしすぐにマンネリ倦怠期が訪れますので、それをまずは乗り越える事。

そうするとお互いの良い部分を引き立て合う間柄となりますので、財運も好調となり、安定した良い家庭を築く事ができるでしょう。

しかし性格的には価値観などが根本的には異なりますので、適度な距離感を持つ事が長続きさせるコツになります。

 

火星人マイナスと土星人の相性は少し注意が必要です

自由でクリエイティブな火星人マイナスと独創的な感性を持つ土星人の相性は、一見良いように思えますが実は根本が異なる為、少し注意が必要な組み合わせです。

それはなぜかというと火星人マイナスの人がその場の感情や感覚で物事を決めたり進めていくのに対して、土星人は自分の信念を貫いて脇目を振らずにまっすぐ進みます。ですので、土星人から見ると火星人マイナスの人は「いきあたりばったり」「毎回言うことが変わる」など、実は理解し辛く思われていることも多々あります。

そんな2人がうまくいく為には火星人マイナスの人が土星人にうまくコントロールしてもらう事。すると色々な事がうまく回り始めて今よりもっと良い関係を築くことができるでしょう。

 

火星人マイナスと天王星人の相性は新鮮さを保つ事が長続きの秘訣です

やや人見知りの火星人マイナスと人懐っこい天王星人の相性は、お互いにないものに惹かれ合う関係になります。

ですので、出会いからお付き合いするまでは、ワクワクドキドキ楽しい時間を過ごす事ができるのですが、長く付き合っていくうちにだんだんと飽きてきてしまう危険性がある事を覚えておきましょう。

この2人が長く良いお付き合いをする為には「お互いに干渉しすぎない事」と「適度な冷却期間を設ける事」が大切です。ずっと一緒にラブラブで、、、とはなかなか行かない組み合わせである事は覚えておきましょう。

 

火星人マイナスの人に気をつけて欲しい「人生の落とし穴」

仲良くなるのに時間がかかるイメージでは、そんな火星人マイナスの人が陥りやすい人生の落とし穴について解説します。

人によって態度を変えすぎない

火星人マイナスの人にはプライドが高い人が多く、簡単には人と仲良くなれないのが短所です。人を簡単に信用しないというのは良い部分でもあるのですが、周囲から見れば「とっつきにくい」という印象を持たれてしまいます。

一方で、一度相手を信用するとその人には心を開きます。信用している人のはニコニコしますが、そうでない人には無表情、といった感じです。

そのため、自分が信用している人としていない人に対する態度には差が発生します。結果的に人によって態度を変えるということになってしまい、これが短所になるのです。

 

人に依存しすぎないように注意

火星人マイナスの人は、さみしがりやです。一人でいることが耐えられずに常に恋人を作ったり、予定が何も入っていない日でも無理やり友達と会って一人の時間を作らないようにする傾向があります。

人と会って人脈を広げるというメリットもありますが、恋人や家族、友人など自分が信用した人に極度に依存してしまうのは短所です。自分が頼っていた存在を失った時に救いようがないくらいに落ち込んで立ち直れなくなってしまうことになることもありますし、詐欺など騙されたら、なかなかそれを見抜けません。

 

臨機応変なことが起きても慌てない事

火星人マイナスの人は、失敗に対して人よりも恐怖を感じやすい特徴があり、一度失敗をすると大きな精神的ダメージを受けてしまいます。そのため、リスクを伴うことは最初から挑戦をせずに諦めてしまうことも多々あり、周囲からは「やる気がない」と思われることもあります。

緊急事態や想定外のことが発生すると、慌ててしまって臨機応変に対応ができません。誰かにすぐに助けを求めたり、責任逃れをしてその場を逃げてしまうこともありますから、信頼を勝ち得ることが難しい特徴があります。

 

初対面の人でも警戒しすぎないで

火星人マイナスの人は、心を許した相手とは長い付き合いが出来るのですが、その関係にたどり着くまでに多くの時間を要します。特に初対面の人の前では、とても警戒し、鋭い目で相手の言動を観察しながら、本当の性格を伺う癖があります。

また初対面の人と会う時には、あまりに警戒していると、その態度が相手にも伝わり、相手側も緊張してしまうかもしれません。

その反面、「自分自身の心情は、他人に知られたくない・気付かれたくない」と考えている為、周りの人からはミステリアスな印象を持たれているでしょう。火星人マイナスの人は、人と関わる際、もう少し相手の事を信頼したり、自分の気持ちを素直に伝えてみましょう。

火星人マイナスの人は、人当たりが良い為、お互いがどんな性格かを知っている関係になれれば、十年以上続く付き合いをする事が出来るタイプです。友達は少ないですが、一人一人との友情を大切にする性格です。

 

衝動買いに注意

火星人マイナスの人は、一度何かにハマると、その魅力に憑りつかれてしまう傾向があります。自分の好きな物や興味のある事に関しては、とことん学んだり、何度も繰り返して極めようとする姿勢をとっているので、集中力もかなりあるでしょう。

火星人マイナスの人は自分の好きな物を大切にし、上達したり、お金や時間を掛ける事は素敵な事ですがあまりに熱中しすぎて、周りの人の言う事を聞いていなかったり、時間を忘れてずっと同じ事を繰り返してしまうことも。

例えばコレクションを集めたり、限定品を買う事が好きで、時には思い切って奮発したり、その場のノリで買い物をしてしまい、後悔してしまう事がありますよね。

ひとつの物を極める事は素敵ですが、お金を使いすぎてしまったり、よく考えないまま、「とりあえず、これを買っておこう」と物を買ってしまう事が無いように気を付けましょう。

 

火星人マイナスの2020年の運勢について

火星人マイナスの2020年の運勢についてのイメージ
では最後に六星占術における火星人マイナスの今年(2020年)の運勢についてお話しします。

今年(2020年)の大殺界は誰?

今年(2020年)の大殺界(霊合星人を含む)は

  • 土星人マイナス(減退)
  • 水星人プラス(停止)
  • 水星人マイナス(陰影)

になります。

そして今年(2020年)中殺界なのは

  • 天王星人プラス(乱気)

さらに今年(2020年)に小殺界なのは

  • 火星人マイナス(健弱)

になり、火星人マイナスの人は小殺界になりますので注意してください。


※ 大殺界や中殺界、小殺界については以下の記事で詳しくお話ししています


 

今年(2020年)の火星人マイナスの運勢とは

2020年の火星人マイナスの運勢(運勢周期)は「健弱」です

これは12周期で巡る運勢の4番目の年で、梅雨のような時期。小殺界とも呼ばれていて今までの苦労や蓄積した疲労が表に出やすくなる「健康面で注意してほしい一年」です。

また、肉体面の健康だけでなく「愛情」や「経済」についても無理は禁物な年になりますので、健弱の年は「頑張りすぎない事」を意識して過ごす事が安泰です。

ただ、この溜まった疲労が表にでる健弱(小殺界)の年も、見方を変えれば「問題を表に出す」「溜まったウミを外に出す」という、私達が生きていく上で必要不可欠な年でもありますので、ネガティブになるのではなく、「今はそういう時期なんだ」と捉えておくのが良いでしょう。

 

火星人マイナスの運勢早見表

火星人マイナスの近年の運勢周期は以下になりますので参考にしてください。

2010年 乱気(中殺界)
2011年 再会
2012年 財成
2013年 安定
2014年 陰影(大殺界1年目)
2015年 停止(大殺界2年目)
2016年 減退(大殺界3年目)
2017年 種子
2018年 緑生
2019年 立花
2020年 健弱(小殺界)
2021年 達成
2022年 乱気(中殺界)
2023年 再会
2024年 財成
2025年 安定
2026年 陰影(大殺界1年目)
2027年 停止(大殺界2年目)
2028年 減退(大殺界3年目)
2029年 種子
2030年 緑生

 

さて、火星人マイナスの性格の特徴と恋愛傾向や相性・人生の落とし穴・運勢について解説しました。ざっくり内容を振り返りましょう。

火星人マイナスの性格の特徴には

  • 一つのことに熱中しやすい
  • 直感が鋭い
  • 対人関係が狭く深くなりやすい

などがあり火星人マイナスの恋愛傾向は

  • とにかくモテる
  • ただし、結婚や子供には恵まれない

そして火星人に気をつけてほしいのは

  • 人によって態度を変えすぎない
  • 人に依存しすぎない
  • 初対面の人に警戒しすぎない
  • トラブルがあってもあわてない
  • 衝動買いに気を付ける

事です。

こうしてみると、やはり火星人マイナスの人の特徴は一風変わったものが多いですよね。「なんだかあの人つかみどころがないな」と感じる人が周囲にいたら、その人は火星人マイナスかもしれません。

そのミステリアスな雰囲気が魅力ではありますが、時に短所となることも。ぜひ、火星人マイナスの人は、なるべく周囲に自分の考えや感情を表現するように意識をしましょう。そうすればもっと周囲から信頼される存在になることができるに違いありません。


六星占術の他の星人の性格や恋愛傾向・相性・運勢などは以下のページからご覧ください。



あなたの好きな人は本当に運命の人?

98%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気

片思い中の人も、お付き合いしている人も 本当の運命の人を知りたいですよね?

あなたが選んだカードや生年月日からあなたの運命の人をズバリ診断する 『真実見抜くタロット診断』が大好評!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、今お付き合い中の彼かもしれません。いつ、どこで運命の人と会えるのか 今なら≪無料鑑定中≫

あなたの運命の人は一体誰なのか?知りたい方は是非やってみて下さい


連記事

タイトルとURLをコピーしました