イメージ力を鍛えて、瞑想を効果的に行う9つの方法

イメージ力を鍛えて、瞑想を効果的に行う9つの方法

政治家もやっていると言われている、瞑想。このサイトをご覧の方の中にも「瞑想?やってるよ!」という方は、多いのではないでしょうか。もしかしたら「興味はあるんだけど、なんだか難しそうで…」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

または「やってはみるんだけど、どうもうまくいかなくて…」「瞑想で何かメッセージがもらえるかと期待してるんだけど、今のところ何も…」「瞑想で良く光が見えたという話を聞くけど、自分は全く何も見えなくて、ガッカリ」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

瞑想でメッセージをもらったり、イメージが見えるようになるためには、コツがあるんです。知りたいですか?きっと知りたいですよね。ではご紹介しましょう。

 

イメージ力を鍛えて、瞑想を効果的に行う9つの方法

 



 

その1: 呼吸法をマスターする


「”イメージ力を鍛えて”とうたっているのに、なぜ呼吸法?」と、疑問に思われましたか?呼吸法は、瞑想において最も大切だといっても過言ではありません。呼吸法をマスター出来ているかどうか?で、瞑想の質は変わってきます。

もし「いやー、まだ意識しないとうまくできなくて…」というかたは、まず呼吸法の練習からしましょう。しかし、いったん瞑想状態に入ってしまったらなら、呼吸法は気にしなくて大丈夫です。なぜなら、自然と必要な呼吸状態になっているからなんです。

 

その2: 何も見えなくても、気にしない


何かメッセージが受け取りたい…!せっかく瞑想してるんだから、何か見えるようになりたい…!もし、こんな風にお考えでしたら、少し肩の力を抜いてみましょう。瞑想というのは、何もメッセージをもらったり、何かが見えることが大切なのではありません。

メッセージを受け取れたり、何かが見えるというのはすごいことのように思われるかもしれません。しかし、そうではないのです。無理に「何か受け取ろう」、「何か見よう」とすればするほど、歪んでしまいます。

下手をすると、あなたは瞑想状態の時にとんでもないモノたちに騙されてしまうかもしれません。脅しではなく、本当にあることなんですよ。ですから、まずは肩の力を抜くこと。それができて、初めて正しいイメージを受け取ることができます。

 

その3: 瞑想でわかることが、いつも視覚情報とは限らない


実は、瞑想で必ずしも映像が見える、という訳ではないのです。人によってその表現は「漢字」だったり「音楽」だったり、実に様々です。どうも世の中には映像や静止画としてメッセージ受け取る方が多いようですが、あなたがそうでなかったからといって、気にすることはありません。

ですので、あなたが瞑想で受け取るメッセージが映像でないからと言って、あまり驚かないでください。驚いて否定してしまうと、今後、メッセージの受け取りに苦労することになります。ぜひ、落ち着いて受け取ってください。

 

その4: 日常的にイメージトレーニングをする


さて、やっとイメージ力を鍛える編です。お待たせしました。あなたはイメージトレーニングをしたことがありますか?よくスポーツ選手がやっている、あのイメージトレーニングです。実はこれ、イメージ力を鍛えるのにとっても最適なんです。とはいっても、イメージすることが苦手な方も、世の中にはたくさんいらっしゃいます。

そういう方は、まずイメージしやすいものから始めてください。料理をする方なら「キッチンでキャベツを千切りにする」と言えば、その光景がありありと思い浮かぶことでしょう。

スポーツをされる方なら、こんなのはどうでしょう?
・テニスで、気持ちよくスマッシュが決まった
・サッカーでうまくゴールがきまった
・バスケでパスがうまく回せたなど。

仕事をされる方は、こんなイメージが良いかもしれません。
・商談がうまくまとまった
・プロジェクトが納期通り、とても順調に終わった
・新しく入った仲間と、とてもうまくやれているなど。

こういった日常的なことからイメージトレーニングを始めると、他のことでもイメージしやすくなります。

 

その5: カードを使ってイメージ力を鍛える


これはちょっと準備が必要です。厚紙とマジックを用意してください。そして、厚紙に●(丸)、▲(三角)、■(四角)、★(星)、◆(ダイヤ)をいろんな色で描きましょう。そして、絵を見た瞬間に「赤色の丸」とか「オレンジ色の三角」とか、言葉に出して言ってみるのです。

慣れてきたら、カードを切り替える速度をだんだん早くして。二人一組でやると、やりやすいですよ。イメージが苦手な方ほど、躓きやすいゲームなんです。もし、単色に慣れてしまったら、次は2色でやってみましょう。

たとえば、青いの四角の中に、赤い丸を描いてみるのです。一人の人が「四角」と言ったら、もう一人は「青」と答えるのが正解。こんな感じで、いろんな図形と色を組み合わてカードを作り、脳を鍛えるのです。

 

その6: 光を使った瞑想を行ってみる


その5が楽々クリアできるようになったあなたなら、これはとても簡単。まずは白い光を使った瞑想をご紹介します。目を閉じて呼吸法を行ってください。気分が落ち着いてきたら、白い光をイメージします。あなたは呼吸のたびに、白い光を吸い込みます。

白い光は、どんどんあなたの身体にたまっていき、次第にあなた自身が白い光で塗りつぶされるイメージをしていきましょう。実はこれ、非常に強力な浄化作用のある瞑想なんです。心身の疲労にも、とても効果があるんですよ。

 

その7: 光の色を変えて、瞑想を行ってみる


白い光を使った瞑想が楽々行えるようになったら、光に色をつけてみましょう。色にはそれぞれ意味があるので、お好きなものでやってみてくださいね。
・ピンク・・・若返りの色。美肌を目指す方に
・緑・・・癒しの色。体の調子が悪い方に
・青・・・自分がうまく表現できない方、喉の弱い方に
・オレンジ・・・人間関係で悩んでいる方に

 

その8: 子供のころの自分に会いに行ってみる


未来のことがイメージしにくい…という方でも、子供時代のことは結構出てくるものです。子供時代の瞑想には、インナーチャイルドの癒しなど、様々な活用法がありますが、今日はシンプルに「昔の自分」に会いに行ってみましょう。まず、目の前に子供のころの自分がいるところをイメージしてください。

「ちょっと思い出せないぞ…!」という方は事前に写真などを用意しておくと良いかもしれません。年齢は何歳くらいが良いでしょう?あらかじめ設定しても、しなくても、どちらでも構いません。子供時代の自分に会えたら、こう尋ねてみてください。「あなたの夢はなぁに?」忘れていた子供時代のワクワクやキラキラが蘇ってくることでしょう。

 

その9: ハイヤーセルフに会いに行ってみる


その2で、「とんでもないモノたちに騙されてしまうかも」と書きましたが、実はハイヤーセルフに会いに行く場合も、同じことが起こる可能性があります。これを避けるには、「謙虚な気持ちで」「肩に力を入れない」「会えなくてもいいや、くらいの気持ちで行う」「ひたすら、自分のハートの中心にある、白い光を目指す」につきます。

ハイヤーセルフはあなたの一番の味方。そして、メッセージを貰う対象としては、もっとも安全な存在なのです。これができるようになれば、新たなステップに進めます。その「新たなステップ」については、また次の機会にでも。

 

いかがでしたか?

イメージ力を鍛えて、瞑想を効果的に行う9つの方法は以上です。後半が少々難しかったかもしれません。この方法は、その1から順番に行っていくことに意味があります。瞑想を効率よく行うためには、イメージ力も大切ですが、基本をおさえることが重要なのです。もちろん、マスター出来ている部分に関しては飛ばして頂いても構いません。

 

まとめ

イメージ力を鍛えて、瞑想を効果的に行う9つの方法

その1: 呼吸法をマスターする
その2: 何も見えなくても、気にしない
その3: 瞑想でわかることが、いつも視覚情報とは限らない
その4: 日常的にイメージトレーニングをする
その5: カードを使ってイメージ力を鍛える
その6: 光を使った瞑想を行ってみる
その7: 光の色を変えて、瞑想を行ってみる
その8: 子供のころの自分に会いに行ってみる
その9: ハイヤーセルフに会いに行ってみる

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線