ほくろの悩みを心から消し去ってくれる5つのメンタルケア

ほくろの悩みを心から消し去ってくれる5つのメンタルケア

誰でも、たくさん持っているはずのほくろ。「自分は、ここにあるこのほくろが特徴的」と思っている人は少なからずいます。それが目元や口元などだったら、印象的でチャームポイントになるという利点もありますよね。

でも、場所や大きさによってはほくろはちょっと厄介なもの。普段見えない場所ならいいのですが、特に顔に目立つほくろがある場合は大きな悩みになることも。

あなたの場合はどうですか?お化粧で隠したり、ヘアスタイルを工夫してみたりという経験があるのではないでしょうか?鏡を見るたびに憂鬱になるこの悩み、気にならなければとても楽になれるのに…。そんなあなたに、悩みを心から消し去ってくれる「ほくろに対する考え方」をお伝えします。

 

ほくろの悩みを心から消し去ってくれる
5つのメンタルケア

 



 

ほくろ除去の知識を持とう


現代は医療技術が発達し、美容形成外科などではシミを除去する施術が行われています。黒いものに反応するレーザーを照射し、色素を飛ばしてしまうというのがその技術なのですが、これはほくろにも有効です。

大きさなどにもよりますが、施術時間は通常数分。レーザーを照射した場所は少々やけどのようになるので数日間はケアが必要ですが、メスも使わないので心理的な負担も少なくて済みます。

美容形成外科では無料相談を受け付けているところも多いので、思い切って相談してみるのもおすすめ。いかに簡単にほくろが除去できるかがよく分かります。

つまり、あなたの悩みの種のほくろは、あなたがその気になりさえすればすぐになくせるもの。そう思うと、なんだか気が楽になりませんか?もちろん本当に除去してしまってもいいのですが、別に急いでいるわけではないなら来年にでも…なんて気楽に考えると、ほくろの存在が不思議と気にならなくなるものです。

 

ほくろがなくても結局身体的特徴で覚えられてしまう、と理解しよう


特徴的な形で目立つ場所にあるほくろは、どうしてもその持ち主の印象を左右してしまいます。目や鼻など、誰にでもあるものの形が特徴的な場合と違い、ほくろは存在自体が「他の人との差別化」に繋がってしまいます。

では、あなたのほくろが突然なくなったら周りの人はどう思うでしょう?結局は、他の部分で特徴的なパーツを探し出し、「目が細い」とか「鼻が大きい」とか印象付けるだけです。周りの人にとっては、あなたのほくろはあなたを見分ける記号のひとつ。

なくなったところで、代わりを見つけてくるだけのことです。だったら、今まで通り「ほくろがある人」という印象で通してもよいのでは?案外、直しようがないパーツの特徴で覚えられるよりはずっといいかもしれません。

 

はじめましてで印象ばっちり!は運がいいと考えよう


顔を覚えてもらいやすいのは、目立つほくろを持つ人の特権です。特にメガネなどと違って他の人とかぶることが少ないので、かなりの強みになります。

また、自分から「ほくろのあるのが私です」とアピールすると、明るい人という印象を植えつけることもできるので一石二鳥。アピールをしすぎるとそこをいじられて傷つくこともあるのでやりすぎは禁物ですが、初対面の人などに「コンプレックスだから触れないで」という空気を感じさせるよりはずっと印象がいいはずです。

世の中には特徴のない外見に悩んで目立つ服を着たり奇抜な髪型にしたりする人もいます。いつまで経っても名前を覚えてもらえないのも辛いものなのです。何もしなくても印象に残るということを「自分はラッキーだ」ととらえてみてください。

 

ほくろに悩めるだけ恵まれているんだと知ろう


ほくろに悩んでいる人の多くが「自分の悩みは贅沢な悩み」ということを知りません。中世ヨーロッパの貴族の女性の間では、一時期顔にほくろを描き込むことが流行したそうです。

それはなぜかというと、ほくろがあったほうが色白で肌がきれいに見えるから。実際、顔にほくろが多くて悩んでいるという人には色の白い人が多いですし、白いからなおさらほくろが目立ってしまいます。

これは、ほくろがあっても目立たない色黒の人にはなんともうらやましい悩み。前述したようにほくろはその気になったら取り除くことができますが、生まれついての肌の色を白くすることは非現実的。どうにかする方法があるだけ、あなたの悩みは贅沢なものなのです。

 

気にしているのは自分だけ。悩む必要すらないと考えよう


これは私自身の経験ですが、私は普段仕事のときはメガネをかけています。ある日、メガネのつるが当たる部分に吹き出物が出来てしまい、休日に使用するコンタクトをつけて仕事をしていました。

その日一日を過ごし、仕事仲間に「やっぱりコンタクトは仕事には向かないね」と話すと、「あ!今日メガネじゃなかったんだ!気づかなかった」と返されてしまいました。

その日は何度も顔を合わし、会話しているにも関わらず…です。同じようなことはメガネ以外でもよく聞きます。髪型、服装、そしてほくろ。周囲の人は、見ているようで見ていません。あなたのほくろに変化があったところで、それに気づく人はそう多くはないでしょう。見られていないものに悩むだけ、時間のムダかもしれませんね。

 

いかがでしたか。

これを読んでいる方の中には、誰かにほくろのことを相談した経験を持つ人も多いでしょう。でも「そんなに気にならない。気にしすぎだよ」と返されて、それ以上相談ができなかったのではないですか?

その時「私が悩まないように気を使ってくれたんだ」と思ったり、「本音を言ってくれなかった。相談するだけムダだった」と思ったりしたのであれば、ちょっとその考え方を改めてください。

相談された人は本当のことを言ったまでで、あなたが「そんなはずはない!」と捻じ曲げて解釈しているんだとしたら…?実際、ほくろがあろうがなかろうがあなたはあなた。

あなたが自分に自信が持てれば、ほくろのことなんて気にならなくなるはずです。メンタルケアで悩みを消し去って、自分が自信を持てるようになるにはどうしたらよいかを考えていきましょう。

 

まとめ

ほくろの悩みを心から消し去ってくれる5つのメンタルケア

・ ほくろ除去の知識を持とう
・ ほくろがなくても結局身体的特徴で覚えられてしまう、と理解しよう
・ はじめましてで印象ばっちり!は運がいいと考えよう
・ ほくろに悩めるだけ恵まれているんだと知ろう
・ 気にしているのは自分だけ。悩む必要すらないと考えよう

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線