土星人プラスと相性のよいタイプとは?性格・運勢・恋愛傾向を徹底解説【2020年版】

土星人プラスと相性のよいタイプとは?性格・相性・恋愛傾向を徹底解説
独特な感性を持っている土星人プラスの人は掴みどころのない人が多いので、その本来の性格や特徴がどんなものか気になりますよね。

同じ運命星でもプラスとマイナスとで結果が異なる六星占術は、詳しい診断結果と、その的中率で話題の占いです。その6つの運命星の中のひとつ、土星人は、理想や夢を大きく持つ事を大切にしています。

中でも土星人プラスの人は、「自分だけの世界」を構築し、大切にする傾向があります。「独自の価値観や思想によって作られた世界は、誰にも邪魔されたくない」と考えている為、周りの人の様子を見ずに、自分のペースで物事を進める事が多いでしょう。

向上心があるという点に関しては、職場や学校で評価されていますが、逆に言えば、「現状に満足出来ない、まだまだもっと良くなる!」と自分で自分を追い込み、ストレスや疲れを感じやすい場合も。

このほかにも土星人プラスの人にはいくつかの性格の特徴があります。そこで今回は土星人プラスの人の性格や相性、恋愛の傾向・運勢について解説します!

  1. 土星人プラスってどんな人?
    1. 人付き合いが上手だが表裏がある
    2. 想像力豊かでもくもくと作業を進める
    3. 興味の幅が広いが飽き性
    4. 「自分だけの世界」を干渉されたくがない為に、時には孤独になる
    5. 強いこだわりがあり頑固な面も
  2. 土星人プラスの恋愛傾向、恋のパターン
    1. 恋愛では情にもろく、尽くすタイプ
    2. 家庭においても理想像を追い求めるが、時々頑固になってしまう
    3. 束縛を嫌うので、のびのびとした家庭を築きたいと願っている
    4. 何でもかんでも一人でやろうとしてしまうので、家事は協力して行うと良い
  3. 土星人プラスと他の星人との相性について
    1. 土星人プラスと土星人の相性は平等である事が大切な関係です
    2. 土星人プラスと火星人の相性はお互いを理解し合うのが大変です
    3. 土星人プラスと水星人の相性は勢いが大切な組み合わせです
    4. 土星人プラスと木星人の相性は落ち着いた良い関係になりそうです
    5. 土星人プラスと金星人の相性はバラバラだけど繋がっている関係になりそうです
    6. 土星人プラスと天王星人の相性は共通点を見つける事が大切な関係です
  4. 土星人プラスの人に気をつけて欲しい「人生の落とし穴」
    1. 周りの人の助言を聞かず、自分だけの力でやり遂げようとしてしまう
    2. 向上心がある為、仕事に一生懸命過ぎて、体調を壊してしまう可能性がある
    3. 意見や興味がコロコロと変わる為、周りの人を動揺させてしまう
  5. 土星人プラスの2020年の運勢について
    1. 今年(2020年)の大殺界は誰?
    2. 今年(2020年)の土星人プラスの運勢とは
    3. 土星人プラスの運勢早見表

土星人プラスってどんな人?

想像力のイメージ
まずは土星人プラスの性格について見ていきましょう。

※自分が何星人なのかは以下のサイトから診断できます

占い計算ドットコム
誕生日から星座、厄年、ソウルナンバー、生後日数などを計算する占いの為の自動計算サイトです。

人付き合いが上手だが表裏がある

土星人プラスの人は愛想が良く初対面の人にもニコニコと対応出来るので人脈も広く、多くの人に好かれるタイプ。人の気持ちを汲み取る事に優れ、共感したり気遣う事が出来るので相談役として信頼される人です。

しかし、土星人プラスの人は本当に全ての人に心を開いているわけではなく、平和主義で面倒事を避ける傾向にあるため表面的な付き合いをしているだけの場合があります。

好き嫌いがはっきりしていて一度嫌いになった人には心を開きませんが、物事をスムーズに進める為には嫌な雰囲気を一切出さず笑顔で対応出来るので八方美人や腹黒い人と思われる事も少なくありません。

 

想像力豊かでもくもくと作業を進める

想像力豊かな土星人プラスの人は色々なアイデアを生み出す事が得意。少し変わった人も多い土星人プラスの人は人と違った事が好きで、固定概念にとらわれない人なのでクリエイティブな職に向いています。

いつも何かを想像していて、人と話している時でも話している内容と違う事を考えている時もあります。

また土星人プラスの人は、一見大人しく、黙々と作業を進める人が多いです。心の中では「あれが、ああなったら良いな」とか、「将来的にはこうしたいな」などとイメージを膨らませているものの、その理想を口に出す事は滅多にありません。

周りの人に「実はこうしたいと思っているんだよね~」などと相談する事無く、自分のペースで実現させようとしてしまうので、「あの人って自分勝手だよね…」と言われてしまう事がありそうです。

ですので土星人プラスの人は、デザイナーや翻訳関係の仕事など、頭の中で完成形をイメージしながら、自分のペースで考えながら進められる職業が向いています。

周りの人から干渉される事無く、のびのびと作品を作っていける環境において、自分の力を発揮する事が出来るでしょう。

 

興味の幅が広いが飽き性

土星人プラスの人は新しい事が好きで、様々な物事に興味を持ちます。面白そうと思ったらすぐに試す行動力もありますが飽き性の為、始めた事が続かない性分です。

恋愛でも同じように気が多いところがあり、付き合っている人がいても他の人に魅力を感じたら気移りしてしまう浮気な一面もあります。

このように気持ちや興味がコロコロ変わる事も多く、一つの事をある程度マスターすると、また新しい分野の事について調べる傾向があります。

また、「昨日はこう思っていたけど、このほうが良さそうだな」と、その日の気分で、全く逆の意見を持つ事も多いはずです。

 

「自分だけの世界」を干渉されたくがない為に、時には孤独になる

土星人プラスの人は、人生において、常に夢や目標を大きくイメージする為、「自分だけの世界」を構築している運命星と言えるでしょう。

どんなに仲の良い友人や家族がいても、「自分だけの世界は、誰にも干渉されたくない」と感じていて、他人のアドバイスや意見はスルーしてしまう事があります。

人当たりは良いのですが、周りの人に合わせる事よりも、自分自身の理想を現実化させる方を優先させますので、時にはチームにおいて、一人だけ足並みが合わなくなる事もあるのではないでしょうか。

土星人プラスの人は、例え孤独になろうとも、自分の夢を実現させる為に、現実離れしてしまうような行動をして、周りの人を驚かせています。

 

強いこだわりがあり頑固な面も

こだわりが強い土星人プラスの人は他人のアドバイスを受け入れない頑固な一面がある人で、表面的にはアドバイスに納得したような返事をしてもその場限りの返事であったり、自分のプライドを傷つけられる事を言われた時は相手の事を理解してくれない人だと嫌いになってしまう可能性もあります。

マイナスな一面に見える土星人プラスのこだわりの強さがプラスに働くのはやはり自分の好きな事をしている時や自分のやり方で仕事や勉強が出来る時。

飽き性ではあるものの、やらなければいけない事があればどうすれば上手く事を進められるか思考を巡らせる頭の回転の良さがあるので、土星人プラスの人は自分のやり方を見つけられたら黙ってどんどん仕事を進められるタイプです。

逆に決められたやり方に沿って物事を進めるのは苦手で、捗らずに疲れてしまいます。そんな一面があり飽き性ですが、嫌になったからといっていい加減な仕事をするわけではありません。

むしろ、大変な仕事でも一生懸命頑張れる強さを持っていて、最後までやり遂げるしっかりした人です。

 

土星人プラスの恋愛傾向、恋のパターン

ラブラブな恋愛のイメージではそんな土星人プラスが恋愛をするとどうなるか、見てみましょう。

恋愛では情にもろく、尽くすタイプ

土星人プラスの人は情にもろく、困っている人を放っておけない優しい人なので保育や介護関係、ボランティアに関わる仕事にも向いています。

子どもが好きなので、結婚して子どもが出来たら育児に一生懸命になる人も多いです。ただ、こだわりが強い土星人プラスの人は柔軟な育児が出来ずに子どもに依存してしまう事もあります。

また、恋人や親族など心を開いてしまった人には尽くすタイプの人が多い土星人プラスの人は情に流され騙されたりトラブルに巻き込まれやすい傾向にあります。

例えばパートナーにお金を貸してしまったり何度も浮気されたりというような悪い恋愛も情に訴えられると終わらせる事が出来ずにズルズルと引きずってしまいがちなので優しさと情の厚さに付け込まれないよう注意が必要です。

 

家庭においても理想像を追い求めるが、時々頑固になってしまう

土星人プラスの人は、基本的には大人しく、穏やかな性格ですので、異性からもモテる運命星です。円満な家庭を築く事が出来ますし、仮に家庭内で喧嘩などのトラブルが起こったとしても、感情的にならず、落ち着いて問題を解決する事が出来るでしょう。

ただし、土星人プラスの人恋愛においてもまだ付き合っていないのに付き合ってからの事を考えたり、理想の恋人を想像してハードルをどんどん上げてしまいます。

その為理想が高くなかなか良い人が見つからなかったり、理想のデートの為に恋人を振り回す事もあります。

また、結婚後も「理想の家庭像」を大切にしますので、「家族とはこういうものなんだ」とか、「こういった家庭こそ理想的だ」と一度決めると、その理想像を叶えるべく、家族をしっかりと見守ります。

土星人プラスの人は、「自分の理想こそ正しい!」と、頑固に理想を追い求めるあまり、時には家族にも理想の家庭像を強要し、自己中心的な発言をしてしまう事があるかもしれません。

理想の家庭像に向かって、パートナーや子供に尽くせる点は、土星人プラスの人の長所ですが、あまりに理想を求めすぎて、頑固な態度にならないよう気を付けましょう。

 

束縛を嫌うので、のびのびとした家庭を築きたいと願っている

土星人プラスの人は、のびのびと自由に動ける環境を好みます。この傾向は仕事だけでなく、家庭にも共通して言える事で、家族から「ここ掃除しておいて!」とか、「21時までには絶対帰ってきてね!」などと言われる事無く、生活したいと考えているでしょう。

土星人プラスの人は束縛を嫌う為、ある程度はパートナーとの距離を置きますが、家族みんなを楽しませたいというサービス精神の持ち主ですので、周りの人からは「いいお母さん・いいお父さん」のイメージを持たれる事でしょう。

おそらく土星人プラスの人は、家庭においても理想のイメージを持っている為、その理想の家庭に近づこうと、穏やかに家族の事を見守ります。

浮気や夫婦喧嘩、家庭内のトラブルに巻き込まれる事が滅多になく、人生を通して幸せな家庭を築いていけるでしょう。

 

何でもかんでも一人でやろうとしてしまうので、家事は協力して行うと良い

土星人プラスの人は、恋愛運や結婚に恵まれています。穏やかに家族を見守りながら、パートナーや子供を大切にし、円満な家庭を築いていけるでしょう。

基本的には大人しい性格の人が多いので、家族に対して、「こうしてほしい」という点はあっても、声に出して依頼する事は無く、結局自分の力で全てやってしまう傾向があります。

もし自分の仕事で忙しくなってしまったら、パートナーや子供に頼める事は、頼んでみましょう。家事や子育ての仕事を協力し合う事で、より理想的な家庭を作る事が出来ますし、自分自身も疲れにくくなるはずです。

 

土星人プラスと他の星人との相性について

土星人プラスと他の星人との相性についてのイメージでは次は土星人プラスの人と、他の星人の相性をみていきましょう。

土星人プラスと土星人の相性は平等である事が大切な関係です

土星人プラスと土星人の相性はお互いが対等な立場であれば基良い関係を築く事ができるでしょう。

土星人プラスの人は相手に気を使ってしまう傾向があったり、やや神経質な面もある為、同じ土星人と一緒に居ると、関係がなかなか発展しなかったり、ストレスを抱え込んでしまいやすいです。

しかし年齢差や社会的な地位の差などはあっても、2人の間に上下関係がなく対等に接する事ができる間柄であれば、落ち着いた居心地の良い家庭や環境を作る事ができるでしょう。

ですので長くお付き合いする為には「どちらかが上に立つ間柄はやめる事」意識しておいてください。

 

土星人プラスと火星人の相性はお互いを理解し合うのが大変です

どちらかというと物静かな土星人プラス変わり者が多い火星人の相性は基本的にあまりよくありません。もし恋人やパートナーがこの組み合わせの時には火星人の奇抜な行動や考え方に、木星人マイナスが振り回されてしまって大変かもしれません。

また、木星人マイナスと火星人は共に、「信頼した人にしか心を開かない傾向」にありますので、お付き合いするまでに時間がかかったり、一緒になっても、なかなか本音を言う事ができないというようにモヤモヤする事が多くなります。

2人の関係を好転させる為には「思い切って本音で話し合う事」、そうすることによって少しづつ理解を深めていく事ができるでしょう。

 

土星人プラスと水星人の相性は勢いが大切な組み合わせです

ロマンティストな土星人プラスと現実主義の水星人は正反対ゆえに、心の奥底では惹かれる事が多い組みあわせです。

恋人やパートナーがこの組み合わせの場合には時間をかけてゆっくりと愛を育むよりも、思い切った行動をとる事によって、一気に2人の仲が深まる事が多いです。

相性としてはは基本的には良い組み合わせですので、ポイントは「まずは飛び込んでみる事!」そしてその後に考えるくらいが良いでしょう。

どちらかが思い切らないとなかなか発展しない相性でもありますので、一歩踏み出す勇気を忘れずに。

 

土星人プラスと木星人の相性は落ち着いた良い関係になりそうです

ルールや規律を重んじる土星人プラスと、物事をコツコツと積み上げる木星人の相性は基本的に良い組み合わせです。

恋人やパートナーがこの組み合わせの婆には派手さはないものの、安定して落ち着いた関係のカップルになりそうです。

どちらかというとお互いインドアな為、友人や家族を巻き込んで、というよりは2人だけの世界や家庭を築く事で、その間柄はより強固なものとなるでしょう。

しかし一点注意して欲しいのは、2人でやることに第三者の意見をあまり混ぜない事。2+1の関係があまり好ましくない組み合わせですので、他者が介入する事によって三つ巴となり、トラブルに発生する確率が高いことは覚えておいてください。

 

土星人プラスと金星人の相性はバラバラだけど繋がっている関係になりそうです

ルールを守る土星人プラスと縛られることが大嫌いな金星人の相性は、一瞬真逆に思えてしましますが、実はとても良い組み合わせです。

土星人プラスと金星人は共に団体行動が苦手であると共に、どちらかというとサバサバした性格の人が多い為、2人がある程度の距離感を持った上で、それぞれに好きなことをする事によって、お互いを高め合うと良い関係となれるでしょう。

また、土星人マイナスも金星人も「未来志向」であるという大きな視野視点では共通していいますので、バラバラにやっていても実は強い絆で結ばれている、なんて事が多いカップルです。

 

土星人プラスと天王星人の相性は共通点を見つける事が大切な関係です

土星人プラスはちょっとルーズな天王星人にイライラしてしまう事が多そうな組み合わせです。

相性は基本的に悪くはないのですが、どうしても自由奔放で約束など忘れてしまいがちな天王星人に、土星人の人はモヤモヤしてしまいます。

しかしこれは生まれ持った気質故仕方のない事なのです。それを乗り越えると共に、共通項である「ロマンチスト」という部分に目を向けてみましょう。

良くも悪くも2人は夢見がちな星を持っていますので、お互いの未来を一緒にイメージする事ができれば、多少の問題はあれど、関係は長く続く事でしょう。

 

土星人プラスの人に気をつけて欲しい「人生の落とし穴」

警告のイメージそしてそんな土星人プラスの人に、気を付けてほしい事があります。

周りの人の助言を聞かず、自分だけの力でやり遂げようとしてしまう

土星人プラスの人は、仕事や結婚、家庭において、自分なりの「理想の形」をイメージしながら人生を過ごしている運命星です。その為、ノルマや目標を達成すると、また次のステップで新しい目標を設定したり、一つの仕事に対して、納得がいくまで工夫を凝らす事もあるでしょう。

土星人プラスの人は、向上心があるという点は長所ですが、自分の夢や理想を叶えるまでは集中しすぎてしまい、周りの人の声をシャットアウトしてしまう場合があります。

例えば、「それはこの方法の方が早く終わるんじゃない?」とか、「○○さんに助けてもらった方がいいんじゃない?」などといったアドバイスを貰ったとしても、土星人プラスの人は従わず、自分だけの力でやり遂げようとしてしまいます。

人から助言される事を嫌っているというよりは、「自分の世界は自分の力によって作り上げたい」という願望が強いのです。

 

向上心がある為、仕事に一生懸命過ぎて、体調を壊してしまう可能性がある

土星人プラスの人は、向上心が強い為、現状に満足する事無く、「まだいける!もっと良い成果を収められるように頑張ろう!」と努力を重ねる性格です。

自分で自分を追い込んでしまうので、与えられたノルマ以上の仕事を進めようと働きすぎてしまい、結果的に身体を壊してしまう可能性があります。

土星人プラスの人の向上心や、一生懸命な姿勢は、周りの人からも高い評価を受けますし、厚い信頼を受けています。

ただし、星人プラスの人自身も、周りからの期待に応えようと、さらに頑張ってしまうので、ストレスや疲れがどんどん溜まってしまうでしょう。

向上心がある事は素敵ですが、土星人プラスの人は、自分の体調と向き合い、無理のない範囲で仕事を進めるようにしましょう。

 

意見や興味がコロコロと変わる為、周りの人を動揺させてしまう

土星人プラスの人は、興味や意見がコロコロと変わる事があります。向上心がある為、一つの事を極めると、また新しい事に取り組み、学ぶ事で自分を成長させようとしています。理想や夢を叶える事を最優先するので、その場の勢いに任せて、意見をすぐ変えてしまう事もあるでしょう。

「あの人、昨日と違う事言ってない…?」と、周りの人から困惑されたり、自分勝手な印象を持たれてしまう事もあるかもしれません。

土星人プラスの人は、自分の意見に対して理由付けをする事で、周りの人に納得してもらう事が大切です。

 

土星人プラスの2020年の運勢について

土星人プラスの2020年の運勢
では最後に六星占術における土星人プラスの今年(2020年)の運勢についてお話しします。

今年(2020年)の大殺界は誰?

今年(2020年)の大殺界(霊合星人を含む)は

  • 土星人マイナス(減退)
  • 水星人プラス(停止)
  • 水星人マイナス(陰影)

になります。

そして今年(2020年)中殺界なのは

  • 天王星人プラス(乱気)

さらに今年(2020年)に小殺界なのは

  • 火星人マイナス(健弱)

になり、土星人プラスの人は該当しませんので安心してください。


※ 大殺界や中殺界、小殺界については以下の記事で詳しくお話ししています


 

今年(2020年)の土星人プラスの運勢とは

2020年の土星人プラスの運勢は「種子」です。

これは12周期で巡る運勢の最初の年、季節でいうと「春」の始めで、その名の通り物事を始めるのに適した年です。長い冬が終わり新しい季節が始まります。この時期に種を蒔いたものが数年かけて育ちやがて実となりますので、あなたが長く続けたい事やライフワークになりそうな事など、人生において大切な物事の種をまく事を意識して過ごしましょう。

またこの時期に出会った人とは今後長いお付き合いになる可能性が大きいですので出会いを大切にしてください。

 

土星人プラスの運勢早見表

土星人プラスの近年の運勢周期は以下になりますので参考にしてください。

2010年 立花
2011年 健弱(小殺界)
2012年 達成
2013年 乱気(中殺界)
2014年 再会
2015年 財成
2016年 安定
2017年 陰影(大殺界1年目)
2018年 停止(大殺界2年目)
2019年 減退(大殺界3年目)
2020年 種子
2021年 緑生
2022年 立花
2023年 健弱(小殺界)
2024年 達成
2025年 乱気(中殺界)
2026年 再会
2027年 財成
2028年 安定
2029年 陰影(大殺界1年目)
2030年 停止(大殺界2年目)

 

ということで、「土星人プラスの人の性格・運勢・恋愛傾向」を解説しました。

土星人プラスの人は、理想や夢のイメージを大きく持つ事で、「自分だけの世界」を構築します。自分の動きを束縛されたり、干渉される事を嫌う土星人プラスの人は、時には孤独になりながらも、自分の理想に向かってコツコツと努力をする性格です。

家族を大切に出来る性格なので、一生を通して浮気や夫婦喧嘩などをする事は少ないですが、何でもかんでも一人で取り組んでしまう点がありますので、家事や子育ては、パートナーと協力して行うと良いでしょう。

一方で土星人プラスの人は、自分の夢や、理想の形のイメージを現実にしようと集中しすぎてしまい、周りの人からの助言や意見をシャットアウトしてしまう事があるかもしれません。

また、向上心がある為、「まだまだいける!」と、自分で自分を追い込んでしまい、ストレスや疲れを溜めてしまう所も、土星人プラスの人が陥りやすい点ですので、注意して体調管理をするようにしましょう。

理想像を追い求める事は素敵ですが、固定観念や願望を他人に押し付けすぎて、自己中心的な態度に見られないように気を付ける事が大切です。土星人プラスの人は、時には周りの人の考えにも耳を傾け、アドバイスや意見を取り入れると良いでしょう。


六星占術の他の星人の性格や恋愛傾向・相性・運勢などは以下のページからご覧ください。



2020年あなたの運勢をズバリお教えします!

98%の人が当たっていると実感!あなたの運勢を『干支占い』が無料鑑定します。

『干支占い』では、2020年あなたの運勢を徹底鑑定して、 今年、起こる良い事を事前に教え開運へと導いてくれます。

凄腕の占い鑑定師は『恋愛(不倫・復縁)・仕事・対人・金運」すべて鑑定可能!

『今年の運勢』を知りたい方!今だけ『無料鑑定』を体験下さい!

連記事

タイトルとURLをコピーしました