断食ダイエットの効用を学びスムーズに成功する7つのコツ

断食ダイエットの効用を学びスムーズに成功する7つのコツ

断食とは言わずもがな、『一定期間食事を意図的に絶つ行為』のことです。食事そのものを摂らないのだから痩せるのは必然となります。

ダイエットを試したことのある人ならば、ダイエットにおける最終手段として、挑戦した経験がある方もいらっしゃることでしょう。ですが、断食は正しい方法で行わないとかえって健康を損なう恐れのある危険性もはらんでいます。

今回は、断食ダイエットを行うにあたり、その効用をきちんと知り、体に余計な負担をかけることなくスムーズに成功させるためのコツをご紹介します。

 

断食ダイエットの効用を学び
スムーズに成功する7つのコツ

 



 

断食ダイエットの効果を理解しましょう。


まず始めに、断食の効果を知っておきましょう。断食を行うことで1.体内の老廃物や毒素を排出しやすくする2.内臓に休息を取らせる3.体脂肪燃焼により減量に繋げるという効果が期待できます。

飽食時代と呼ばれて久しく、環境や口にするものも多様化した現代では特に、なにかと内臓に負担がかかっています。断食とはただ単に食事(=栄養補給)をやみくもに制限したり一切断ち切ってしまうことではなく、乱れがちになっている体内に休息を与え、リセットした後正常な働きに戻すための手段なのです。

こう考えると『断食ダイエット=食べないで無理やり痩せる』ではなく、『=極力食事を控え体内環境を良好にする=結果としてダイエットに繋がる』という流れであることがおわかりいただけるのではないでしょうか。

 

準備が必要。前日の過ごし方。


断食とは『=食べないで無理やり痩せる』ではなく『=極力食事を控え体内環境を良好にする=結果としてダイエットに繋がる』ということだとお話ししました。

ということは、「よし、断食ダイエットに挑戦だ!」と思い立った次の日からいきなり食事一切を抜くのは正しくない、ということであるというのもおわかりただけるのではないでしょうか。

やり方にも手順があります。確実に効果を上げるためにも、きちんと体の調子を整えておきましょう。本格的に断食ダイエットを始めよう、と思い立った際、がっつり食べ納めをするのは大間違い。断食の前日・昼食からスタートするつもりでいてください。

摂取する食事はここから軽めにしていきます。油分・炭水化物は少なめにし、米飯はお粥にしてかさ増しすると効果的。摂取量は腹八分を目安にします。いきなり飢餓状態になると体はかえってエネルギーを取り込もうとします。

故にリバウンドなどの失敗が起こりやすいのですが、緩やかに減らしていくことでそうしたリスクを大幅に減らすことができますよ。昼食が腹八分なら、夕食は普段の半分の量を目安にし、就寝の3時間以上前にはすませるようにします。

断食前日から必ず水分は多めに摂るよう心がけてください。しかし!「水分だから」とお酒を摂取するのは当然ながら厳禁ですよ。

 

いよいよ開始!当日の過ごし方。


さて、いよいよ当日。本格的に断食ダイエットを始めましょう!……といってもこれは苦行ではありません。気負いすぎると辛くなります。あくまでも『食事の量を極力控えて体内の臓器・機能を休ませる』のが目的。気持ちを穏やかに保つように心がけましょう。

水分補給はなにより大切です。常温のミネラルウォーター(冷たすぎるとかえって胃に負担をかけることになります)を意識的に、こまめに摂るようにしてください。デトックス効果も高まりますよ。

完全な断食なら水分以外は口にしてはいけませんが、『プチ断食ダイエット』の場合なら小さくカットした果物や糖分ゼロのヨーグルト、野菜スープを少量摂取するのはO.Kです。

噛むという行為が空腹感を紛らわせてくれますし、ヨーグルトで腸内環境を整えることもできます。とはいえだらだらとつまみ続け、おなかいっぱいになってしまっては逆効果ですから気をつけましょう。

なお、完全な断食もプチ断食も、素人がやるなら1~2日が限度です。3日以上になる場合は専門家の管理が必要となります。激しい運動などもN.G。散歩くらいにとどめておきましょう。

 

最後まで気を抜かないで!翌日の過ごし方。


無事1~2日の断食を終えた方、お疲れさまでした。さて、ここで解放感に任せて食べてしまっては元も子もありません。断食もしくはプチ断食の翌日は、前日に摂取したような食事(果物、ヨーグルト、野菜スープ)に加えお粥やお豆腐、温野菜といった、胃腸に負担のかからないものから再開しましょう。

胃自体も小さくなっていますので、少量ずつを、様子を見ながら食べるようにします。一口一口も良く噛んでから飲み込むようにしましょうね。

昼食・夕食も少なめに抑えましょう。ここでの摂取方法や量によって仕上げがうまくいくか無になるかが左右されると言っても過言ではありません。最後まで気を抜かないように!

 

効率アップのために注意しましょう。


より確実に効果を上げるため、注意点をいくつかご紹介しましょう。

1.断食=絶食ではありません。水分は必ず、しっかり摂りましょう。

2.断食=体内環境を整える=ダイエットに繋がる、です。心身ともに落ち着いた状態で臨むよう心がけましょう。

3.当然ながら、断食前日から脂質・糖質・カフェイン・お酒の摂取は厳禁。嗜好類やタバコもこの期間だけは一切絶ってください。

4.期間中は食事の摂取カロリーが著しく低くなっています。過度の運動は厳禁です。気持ちよいと感じる程度のストレッチや気分転換のウォーキング程度にとどめておきましょう。読書や、インドアで普段できないようなことなどをして過ごすのがおススメです。

5.自宅で行える断食は1~2日、最長でも3日が限度。それ以上、特に1週間以上を考えるなら、絶対に専門家の監修のもとで行わなくてはなりません。

正しく行えばかなりの効果を期待できますが、半面素人判断だけでは却って後々健康を害する危険性も秘めています。どれだけ慣れてきたとしても、常に諸刃の剣と心得てくれぐれも勝手な解釈で行わないようにしましょう。

 

断食ダイエット中は、気の持ちようも重要です。


断食ダイエットが影響をもたらすのはなにも健康面、身体面だけにはとどまりません。実は精神面にも作用します。ダイエットの成功には体内の毒素を排泄し、クリーンに保つことが大切です。

しかし、ダイエットを行うことで心がいらだってしまっていては、効果を十二分に得ることができません。ただでさえ「食べられない」という欲求を無理やり抑えているという時点で人は多かれ少なかれストレスを受けています。

このストレスをいかにうまく流すかも重要。本を読んだり音楽を聞いたり。もちろんゲームなどでも構いません。好きなことをして過ごしたり、ゆったりと気持ちを休めたりする時間を積極的に増やしてみてください。

心と体は車で言うところの両輪のようなもの。両方が調子よく動いて始めて正常に機能するものなのだと覚えておきましょう。

 

正しい方法で継続してみましょう。


やり方をきちんと覚えたら、ぜひ継続されることをおススメします。一度体内環境をリセットし整えても、その後の食生活や生活リズムが元に戻ればリバウンドは必至、これは現代社会で生きるうえでは仕方のないことです。

ならば、自分磨きやメンテナンスにエステなどに通うのと同じように、体内のデトックスという位置づけで定期的に取り入れてみてはいかがでしょうか。といっても無理やり期限を決めることはありません。

断食(プチ断食)を行うと良いタイミングは体重が増えた時や便秘がちな時、これといった病気をしているわけでもないのに何故か体がだるく重いと感じる時、など。何度か行ううちに自分に適したタイミングが自然とわかってくるはずです。

 

いかがでしたか。

『断食ダイエット』と聞くとなんとなくストイックなイメージがありますが、詳しく知っていくと多少は身近に感じられるのではないでしょうか。取り組む際は必ず、正しい方法で行ってくださいね。

また『断食道場』もたくさんあります。監修の元安心して取り組めるだけでなく、今は温泉やマッサージがついていたり、ヨガやトレーニングもサポートしてくれるなどオプションも様々あります。

1人でやるのはどうも意思が弱くて続かない、自分でやって下手に体に悪影響が出るのは怖い、という方は、リフレッシュがてらこういったプランを利用するのもよいですよ。ぜひ試してみてください。

 

まとめ

断食ダイエットの効用を学びスムーズに成功する7つのコツ

・ 断食ダイエットの効果を理解しましょう。
・ 準備が必要。前日の過ごし方。
・ いよいよ開始!当日の過ごし方。
・ 最後まで気を抜かないで!翌日の過ごし方。
・ 効率アップのために注意しましょう。
・ 断食ダイエット中は、気の持ちようも重要です。
・ 正しい方法で継続してみましょう。

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線