大殺界を逆手にとって運勢を操る方法

大殺界を逆手にとって運勢を操る方法
六星占術における、「大殺界」の時期は、何をしても上手く行かない時期と言われている為、「どう過ごしたら良いのだろう…」と、不安になりますよね。

12年で1周すると言われている、私たちの運気は、良い時期もあれば、悪い時期もあり、中でも3年を占める大殺界は、何かをスタートするには良くないとされています。だからといって、心配する事はありません!大殺界の時期には、その期間に合った過ごし方があり、逆手に取れば、良い方向に運勢をコントロール出来る可能性もあるのです。

そこで今回は、六星占術における大殺界の過ごし方や、大殺界である事を逆手にとって運勢を操る方法について、お伝えします。「今、自分が大殺界の時期を迎えていて不安…」という方は、ぜひチェックしてみてください。

大殺界である事を、気にしすぎない。

六星占術において、私たちの運気は12年で1周すると言われており、中でも大殺界は、12年の内、「陰影」「停止」「減退」の、3年間のタイミングの事を指します。

「大殺界って、名前からして怖そうだな…何をどう気を付けたらいいのか、分からないな…」と、感じますよね。だからといって、怖がる必要は全くないのです。

12年で一周するという事は、成人している方は、今までの人生の中においても、大殺界を一度は経験しているはずです。「振り返ってみると、大殺界だからといって、どうという事は無かったかもしれない…」と、感じますよね。

大殺界が危ないとされる理由は、体調不良になりやすかったり、普段よりも少し判断力が低下してしまう事で、後悔するような選択をしてしまう可能性があるからなのです。

時期を気にしすぎるあまり、困難を打開しようとすると、逆に悪い状況に陥る可能性もあります。あくまでも普段通りに過ごし、「大殺界だから…」といって、気にしすぎない事も大切です。

 

新しい事ではなく、復習に力を入れる。

大殺界には、決断力や判断力が低下してしまう為、仕事や勉強が捗らず、なかなか思う通りに成果が得られない事も多くある時期です。何となく不安を感じたり、ネガティブ思考に陥る事もある中で、ミスを連発してしまい、さらに落ち込んでしまうという、負の連鎖を感じるタイミングでもあります。

そのような事を知ると、「大殺界の時期は、大人しくしていないといけないのかな?」と、不安に感じますよね。実は、大殺界の時期には、新しい事を始めるタイミングとしては向いていませんが、今までに取り組んできた作業を復習したり、これから取り組みたいと感じている分野の研究・イメージトレーニングには、うってつけの期間と言われているのです。

「大殺界の時期が明けたら、すぐに新しい事に取り組みたい!」という人は、そのような予習や復習をすれば、自信を持ってスタートを切る事が出来るでしょう。
 

あえてゆっくり休み、気持ちを落ち着かせる。

六星占術における大殺界の時期は、あらゆる人間関係のトラブルや、仕事における失敗、離婚や別れなどが起きやすいタイミングであると言われています。

「何をしても上手く行かないな…」と感じるのであれば、いっその事、休んでしまうのもひとつの手段です。旅行に行って気分転換をしたり、家でゆっくり過ごす時間を増やす事で、気持ちを落ち着かせると、穏やかな心で過ごす事が出来るでしょう。

リラックスやリフレッシュの時間を多めにとる中で、日頃お世話になっている、家族や上司、友人や恋人の事を思い浮かべてみると、感謝の気持ちもより強くなり、トラブルの無い、円滑なコミュニケーションを図ろうと意識する事ができるはずです。
 

普段あまり関わらない人と、あえて話してみる。

六星占術における大殺界の時期には、今まで苦手意識を持っていた人や、話した事が無い人と、あえてコミュニケーションをとってみてはいかがでしょうか。

「あの人の事、嫌いと思っていたから、どうせあの人も私に対して冷たい態度をとるんだろうな…」などと、不安に感じるかもしれませんが、会話を通して相手の事を知る度に、新しい発見をしたり、意外と仲良くなれてしまった、という事もあるかもしれません。

もし会話がスムーズに出来なかったり、話の中で嫌な事を言われてしまったとしても、「大殺界だから、仕方ない」と、割り切ってしまって良いのです。むしろ、「話してみたけれど、やっぱりあの人とは合わないんだな、そっとしておこう」などと感じる事で、大殺界の時期を逆手に取り、本当に一緒にいたい人を見つけ出す事が出来るでしょう。

 

今回は、六星占術における大殺界の時期の過ごし方について、お伝えしました。体調を崩しやすく、仕事や勉強が捗らなかったり、人間関係でトラブルになりやすいと言われる大殺界は、何となく不安になりやすい時期ですよね。

状況を無理に打開しようとするよりは、大殺界を逆手にとって、いっその事、ゆっくりと休む時間を多く確保したり、普段あまり話さない人と、会話をしてみる事で、新しい発見が生まれる可能性が大いにあります。

六星占術において、12年のうち、3年続くとされる大殺界の時期だからこそ、新しいアクションを起こすよりも、今まで自分が大切にしてきた作業を復習する事で、自信を付ける過ごし方をすると良いでしょう。

タロットカードでわかるあなたに待ち受ける“運命日“

「エレメントタロット」では、あなたが選んだカードをもとに、あなたに訪れる運命の日をズバリお教えします。

スピリチュアル鑑定師が初回無料であなたの未来を読み解き、迷うことなく幸せな未来をだけを掴めるように導いてくれます。

まずは、気になるカードを選んでみて下さい!

連記事

コメントをお書きください