ストレスチェック制度、導入の仕方とは?

ストレスチェック制度、導入の仕方とは?
ストレスチェック制度を知らないという人は多いですよね。ストレスチェック制度というのは労働安全衛生法の改定によってできた法律で、事業者に対して労働者の心理的負担の程度を把握するための検査、そしてその結果に基づいて医師による面接指導の実施などを義務付ける制度です。

具体的には2015年の12月から毎年1回の検査が義務付けられたものですが、全ての企業、全ての労働者がこれに該当するわけではありません。義務付けの対象となる企業は労働者が50人以上、労働者においても契約期間が1年未満だったり通常の労働者よりも短時間の労働時間に該当する場合は義務の対象外になります。

これについては厚生労働省のHPでも解説されていますが、法律関係の解説は専門用語が多い分かりにくいというのが多くの人の本音でしょう。このため、ここではストレスチェック制度や導入の仕方を分かりやすく説明します。
[ →続きを読む… ]

唇にほくろやシミができやすい人の特徴と4つの対処法

唇にほくろやシミができやすい人の特徴と4つの対処法
唇にほくろやシミができて、こんなところにまで?とびっくりしたり、綺麗な唇のはずがほくろやシミって…と落ち込んだことがある人もいるでしょう。

ほくろやシミは黒いため、どうしても目立ってしまいます。綺麗な肌に憧れる女性としては、ほくろやシミは本当に嫌な存在ですよね。唇にあるほくろやシミもセクシーだという意見もあるので絶対に嫌だとか、悪いわけではないです。

しかし、何かの病気?皮膚がんではないの?と不安になることもあるでしょう。また、皮膚のほくろやシミに比べ、唇にほくろやシミがある人は少ない印象があり、余計に不安になります。そこで今回は、唇にほくろやシミのできやすい人の特徴と4つの対処法についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

手のひらほくろをよく見てみよう。悪性か見分ける方法

手のひらほくろをよく見てみよう。悪性か見分ける方法
あなたの手のひらに、ほくろはありますか。よほど目立つ場所にあるか、顔にあるかなどしない限り、ほくろ自体あまり気にしないのではないでしょうか。しかしほくろには、実は種類があります。

一見普通に見えるほくろでも、手のひらなど出没する箇所によっては、「メラノーマ(悪性黒色腫)」という悪性腫瘍である可能性があります。あまり聞きなれない病気ですが、これも立派ながんのひとつなので、放置したままにしておくと死に至る可能性も十分にあるのです。

しかも厄介なことに、このメラノーマは普通のほくろと思い込みがちなので、発覚した時には既に時遅し、ということになりやすいのです。今回は、手のひらにあるほくろが悪性かどうかを見分ける方法についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

手のひらのほくろは要注意?ガンを疑う3つの理由

手のひらのほくろは要注意?ガンを疑う3つの理由
手のひらのほくろ、何となく気になるものですよね。特に心配なのが、ほくろのガン、悪性黒色腫です。日本では発症の少ない悪性黒色腫ですが、近年は増加傾向にありますので、悪性黒色腫がよく発症するといわれる足の裏、手のひらにほくろのようなものができたときは、早急にチェックしてみましょう。

そして、気になる症状が出ていると思ったら、すぐにお医者さんに行くことをお勧めいたします。悪性黒色腫はとても進展の早いガンなので、発見、治療が遅れると手の施しようがなくなってしまいます。

早期発見、早期治療が何よりも重要なのです。ということで今回は、気になる手のひらのほくろがガンかどうかを見分ける方法についてお届けします!

[ →続きを読む… ]