易占いをつかって 人生の分かれ道に最良の判断をする方法

易占いをつかって 人生の分かれ道に最良の判断をする方法

人気がある占いには色々な方法がありますが、昔から親しまれている易占いは、人生の大切な判断や決断をする時に利用される場合がよくあります。

どうしても解決できない悩みなどを持っていると、自分ひとりではよい方向へ解決できませんね。そんな時に助けになるのが占いです。

易占いは悩み相談としてよいアドバイスをもらうためにも人気がありますが、長い人生一人では不安で決断できない場面が必ずありますよね。

どちらの道を選択したらいいか、そんな人生の分かれ道にきてしまった時、あなたならどうしますか?いつまでも悩んでいても決して明るい光は差し込んできません。

早速ですが今回は易占いで自分にとって最良の人生の判断をする方法をお伝えします。
[ →続きを読む… ]

占いは当たる!と信じて失敗したときに大逆転する方法!

占いは当たる!と信じて失敗したときに大逆転する方法!

占いが当たるとは思っていなくても、占いで言われた言葉は心のどこかに残っているもの。その占いがポジティブなものであれば尚更で、実際に占いが当たると信じてしまい、実現しなかった場合はなんだかガッカリしてしまいますよね。

恋愛、金運など、当たると有名な占い師からポジティブなことを言われて、実際に行動に移した経験のある方もいるのではないでしょうか。

その行動が実を結めばいいのですが、占いとは真逆の結果になって大失敗してしまうこともあります。それで占いを嫌いになるのではなく、考え方次第で大逆転をもたらすことも可能なんです。

そこで今回は、占いは当たる!と信じて失敗したときに大逆転する方法!をごお伝えします。
[ →続きを読む… ]

占いが当たると信じると必ず運勢が開けてくる5つの理由

占いが当たると信じると必ず運勢が開けてくる5つの理由

占いは当たるものなのか、当たるも八卦当たらぬも八卦とはよく言いますが、実は占いは信じる力によって当たる確率がぐっと高くなります。

「占いを信じる」とはまたおかしなことを言うものだなあ、占いは神や仏ではあるまいし、信じるも信じぬもないだろうという声も聞こえてきそうですが、占いがよく当たるという人の多くは、「占いではこう出たから、未来はきっとこうなるはず」という気持ちを強く持っています。

反対に、悪い占い結果を「占いが当たるものか」と軽んじていると、後悔先に立たず、あとになって「占いでこうなることは知っていたのに」と悔やむことになりますよ。ここでは、占いが当たると信じると必ず運勢が開けてくる5つの理由をお伝えします。
[ →続きを読む… ]

誕生日から性格を知ってケンカ中のカレシと仲直りする方法

誕生日から性格を知ってケンカ中のカレシと仲直りする方法

誕生日でカレシの性格を確認するキッカケは、自分と本当に合うかなど、相性を知りたくてという人が多いと思います。もちろん「性格の不一致」という言葉からも分かるように、性格が合う合わないはとても大切です。

しかし、違う部分があるからこそ、魅かれるということもありますよね。自分とピタッと考えることが同じというのもうれしいですが、相反するものだから気になるというのもキュンとしませんか。

そして似た者同士だろうが、合わなさそうなカップルであろうが、せっかく付き合っているのですから、幸せな時間を極力ケンカをすることなく、過ごしたいですよね。

でも、仕事で疲れていたりすると、ちょっとしたことが気になって、気付けば雰囲気が悪くなってしまうこともあるでしょう。すぐ仲直り出来ればいいのですが、イライラしていたり、疲れているとケンカが長引いてしまうこともあります。

そんな時、何か突破口というか、仲直りのキッカケが欲しくなりませんか。そこで今日は、誕生日から性格を知って、ケンカ中のカレシと仲直りする方法をお伝えします。
[ →続きを読む… ]

西洋占星術をつかって理想の彼をゲットして結婚する方法

西洋占星術をつかって理想の彼をゲットして結婚する方法

ホロスコープを使用した占いでお馴染みの西洋占星術。相性や性格診断などで広く利用されています。西洋占星術はアラブ地域から始まった占いといわれていますが、出生時の時刻がどの位置にあるかホロスコープによって判断して解釈をする占い方法です。

メディや雑誌の占いなどもよく見かけますが、私たちの生活には欠かせないものですね。恋愛中の方にとっても占いは大変気になるものの一つ。これから素敵な恋愛をしたい人には占いの診断がとても良いアドバイスになります。

西洋占星術では特に恋愛や結婚に関した占いがとても人気があります。早速ですが本日はちょっと気になる恋愛運。西洋占星術を使ってどうやって理想の彼と結婚するか、5つのポイントについてお伝えします。
[ →続きを読む… ]