ストレスチェックを使って仕事の疲れを解消する5つの知識

ストレスチェックを使って仕事の疲れを解消する5つの知識
平成27年12月1日にストレスチェック制度が施行されました。これは、労働安全衛生法の改正に基づくもので、50人以上の労働者がいる事業所を対象として、すべての労働者に年に1回のストレスチェックを実施することを義務づけたものです。

ストレスチェックとは、文字通り労働者自身が「自分のストレスがどのような状態にあるのか」を調べるための検査のことを言います。

ストレス社会と言われる現代では、ストレスと無縁で過ごすことは難しく、人間関係はもちろん、職場の環境や仕事量などでも大きなストレスを感じることが多いですよね。

でも、ストレスを放っておくと、うつ病などの精神的な疾患を引き起こしかねません。この精神的な不調を予防するために行われる取り組みがストレスチェック制度です。

ここでは、ストレスチェックを活用して、仕事の疲れを解消するための知識をお伝えしましょう。

 

ストレスチェックを使って
仕事の疲れを解消する5つの知識

 



 

ストレスチェックの必要性を知っておきましょう


仕事をしていると、ストレスを感じる人は多いですよね。厚生労働省の調査によると、およそ60%の人が職場で何らかのストレスを感じているという結果が出ています。

30~40代の働き盛りと呼ばれる世代では、特にストレスを感じている人が多いのが特徴です。ストレスを感じる原因には、個人差があり、仕事上の人間関係や仕事内容、仕事量、昇進や昇給などさまざま。

ストレスに対する耐性にも個人差があり、同じことがストレスの原因になっていても、その深刻さは異なります。ストレスを感じたときに自分に合った方法で対処すれば、ストレスは解消していくものです。

自分のストレス耐性を上回るほどのストレスがかかったときや、ストレスを解消しきれずに慢性化すると、活気がなくなったり、イライラや不安感などを覚えたりして、うつの状態を引き起こします。

これだけでも十分怖いのですが、実は、ストレスがもっとも怖いのは、いつの間にか感覚がマヒしてしまい、ストレスを受けていることに気づけなくなることにあります。

こうなってしまうと悪循環。気づいたときには、社会生活を送れなくなってしまうほど、精神が脅かされてしまうこともあるんです。これを未然に防ぐためにも、定期的なストレスチェックが必要なんですね。

 

ストレスに気づきましょう


ストレスを感じずに生きていくことは理想ですが、実際には難しいですよね。誰もがストレスがあることを自覚するものですが、ストレスを溜め過ぎず、上手にストレスと付き合っていくためには、自分のストレスに気づくことが大切です。

ストレスが溜まっていると、それが心の不調となり、次のような形のサインとなって現れます。

・なんとなく悲しい
・憂鬱
・不安感がある
・意味もなくイライラする
・やる気が起こらない
・食欲が低下する
・寝つきが悪くなる
・いつもより早く目が覚める
・動悸がする
・周囲と交流するのが面倒になる
・飲酒や喫煙量が増える

簡単なストレスチェックは、webサイトなどでも試せます。特に、仕事でミスをした、仕事内容や配属部署などが変化した、人間関係でトラブルがあった、昇進や転勤があったなど、職場でなんらかの変化があったときは要注意。積極的に、ストレスチェックをしてみてくださいね。

 

事実を正しく記載しましょう


企業が行うストレスチェックは、会社からの評価が気になり、事実を記載することを躊躇う人もいますよね。でも、心配はいりません。

企業が行うストレスチェック方法は、質問票やオンラインなど企業によって異なりますが、一般的には企業に指定された医師などが行います。

回答した内容は、第三者が閲覧することを禁じられており、医師などのストレスチェック実施者だけが見ることを許されているんです。

この回答内容を見て、どの程度ストレスを抱えているのか、面接指導が必要かどうかなどが評価され、その結果は、直接私たちに届くようになっています。

会社側がストレスチェックの結果を知るためには、本人の同意が必要になるので、あなたの健康を守るためにも、安心して事実を記載してくださいね。

 

医師による面接指導を希望しましょう


ストレスチェックの結果、ストレスの自覚症状が強かったり、自覚症状自体はそれほどなくても、周囲のサポート体制が取れていなかったり、ストレスの原因となる状況が著しく悪かったりなどすると「医師による面接指導が必要」とされることがあります。

企業には、希望があれば医師による面接指導を実施する義務があるので、積極的に申し出て面接指導を受けましょう。とは言え、人事異動や評価などに影響があることを懸念する人も多いですよね。

でも、面接指導を受けると、医師から企業側へ就業を続ける上で必要になる措置などを提案してもらえるので、それに沿った措置を実施してもらえたり、場合によっては、職場の環境が改善されたりすることもあります。

ストレスによる心身への悪化を防ぐことができるだけでなく、ストレスそのものの解消にも繋つなるので、ぜひ面接指導を希望してくださいね。

 

専門機関に相談してみましょう


ストレスチェックを受けた結果、高ストレス状態にあることを指摘されても、なかなか会社側に相談できなかったり、相談した上司が親身になってくれなかったりすることもありますよね。

だからと言って我慢を続けるのでは、精神的な不調を引き起こし、うつ病などの精神疾患にもつながりかねません。同僚や上司になかなか相談できなかったり、相談してもなかなか環境が改善されない場合には、公的な専門機関に相談しましょう。

第三者に話すだけでもストレスの解消になりますが、専門家に相談することで、職場の問題を解決できる糸口が見つかるかもしれませんよ。

 

いかがでしたか。

仕事をしていると、人間関係や仕事内容など、さまざまなことにストレスを感じている人が多いですよね。定期的にストレスを解消して、上手にストレスと付き合っている人は問題ありません。

自分のストレス耐性を超えるストレスがかかったり、長期的にストレスがかかった状態が続いたりすると、取り返しのつかないことになってしまうこともあります。

そんな事態を未然に防ぐために作られたのがストレスチェック制度です。労働安全衛生法の改正により、年に1回のストレスチェックが義務化されましたが、この制度を上手に活用することで、ストレスによる影響を解消することができます。

ストレスチェックは、正しく記載する、医師による面接指導を受けるなどして、働く環境を見直す機会にしましょう。ここにご紹介したことを参考に、上手にストレスチェックを活用して、仕事の疲れを解消してくださいね。

 

まとめ

ストレスチェックを使って仕事の疲れを解消する5つの知識

・ ストレスチェックの必要性を知っておきましょう
・ ストレスに気づきましょう
・ 事実を正しく記載しましょう
・ 医師による面接指導を希望しましょう
・ 専門機関に相談してみましょう

2017年  アナタに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

『運命数診断』では、スピリチュアル鑑定師未来を知るための運命数を導き出し、あなたの未来を的確にアドバイスすると話題の星占術です。個別に作成してくれる1000文字を超える細かいメッセージであなたの運命を正しい道へと導いてくれます^^

運命を知りたい・変えたい方は≪期間限定0円≫なので是非お試しください!

仕切り線